戸棚を整理すると賞味期限切れのふりかけが出てきた……というのはよくあること。

場合によっては1年以上賞味期限切れのふりかけもありますよね。

今回は、賞味期限切れのふりかけを食べても大丈夫かどうか見ていきます。

 

賞味期限切れのふりかけ

結論から先に書くと、賞味期限切れのふりかけは、未開封で数日ならば大丈夫なことが多いです。

賞味期限」というのは「美味しく食べられる期間」で、実際には、「製造から賞味期限×1.5」(日)は食べられると言います。

加えて、ふりかけは乾燥しているので、数日程度の賞味期限切れなら、そんなに心配する必要はないとのこと。

ただし、食べても大丈夫とはいえ賞味期限切れなら風味は落ちていると思います。

加えて、数ヶ月・1年以上の賞味期限切れはふりかけでも健康上・味の不安があります。

 

食べる前にチェック!

賞味期限切れのふりかけを食べても大丈夫かどうか、使う前に下のようなことをチェックしてみましょう。

見た目・匂い・味に変化はない?

賞味期限切れでも大丈夫、とはいえふりかけに変化があった場合には要注意。

具体的には見た目(変色・固まっている・湿り気)、匂い(カビ臭い)、味などに変化、異常を感じた場合には、食べない方が無難です。

ふりかけの種類

ふりかけの中でも、さらさらの乾燥したおかか、ごまなどのものなら、賞味期限切れでも問題ないことが多いです。

反対に、鮭フレークや瓶に入っているような乾燥の少ないふりかけだと少し心配かも。

鮭フレークなどで大幅に賞味期限が切れている場合には健康的に不安なので、手をつけない方がいいです。

海苔の場合にはお腹を壊す事は少ないものの、湿気たり、古くなったりして匂いが出ると食べない、という人も多いようです。

未開封?開封済み?

ふりかけは乾燥しているとはいえ、開封済みの場合には湿気・害虫などの心配もあります。

開封済みで賞味期限切れの場合には、目には見えなくてもカビが生えていたり、虫がいたりするので不安なら処分がおすすめ。

小分けの袋なら大丈夫なことが多いです。

保存状況について

未開封でも開封済みでも、どこにふりかけを保存していたかは重要です。

未開封で、かつ直射日光のあたらない場所、風通しの良い場所であったなら、数日の賞味期限切れはほぼ大丈夫でしょう。

反対に、開封済み、湿気が多く、直射日光のあたる場所、となればふりかけといえど用心した方がいいかも。

ちなみに人によっては冷凍している人もいるらしく、冷凍の場合には賞味期限に関わらず1、2年は大丈夫らしいです。

賞味期限はどれくらい切れてる?

賞味期限切れのふりかけは、未開封なら1日や2日は気にしない人が多いです。

数ヶ月・数年単位となると、ふりかけといえど、油分が劣化したり、湿気たりしてまずくなることが多いです。

あまりにも賞味期限が大きく切れている場合には、食べない方がいいんじゃないでしょうか。

 

まとめ:食べても大丈夫?

まとめると、数日程度の賞味期限切れで、未開封、見た目や味に心配ないのなら、大丈夫なことが多いです。

実際、ふりかけなら賞味期限切れでも食べる人が多いようです。

とはいえ、個人差もありますし、不安な場合ならやめておいた方がいいかもしれません。

自分なら、半年以上となると捨ててしまうかもしれないですが、1週間程度の賞味期限切れのふりかけなら食べてしまいます。

おまけ

ちなみに、丸美屋の公式サイトには下のようにあります。

Q2

賞味期限を過ぎてしまった未開封の商品があります。食べても大丈夫ですか?

A2
賞味期限とは「開封していない状態」で「定められた保存方法」で保存していた商品が、「おいしくお召し上がりいただける期間」という意味です。賞味期限を過ぎたからといってすぐに食べられなくなるわけではありませんが、賞味期限が切れた場合、味や香り、色といった品質が劣化している可能性がありますので、できるだけ賞味期限内にお召し上がりになることをおすすめします。

何にしても賞味期限が切れてしまってから食べる場合には自己責任、ということですね。

以上、賞味期限切れのふりかけについてでした!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事