サラダに鍋に、しゃきしゃきの食感がおいしい水菜。

でも意外と、茹でるのか茹でないのかわかりにくいですよね。

今回は、水菜は茹でるのか茹でないのか?、茹でるなら茹で時間はどれくらいか、冷凍する場合はどうすればいいか、ということについて見ていきます。

 

水菜は茹でる?茹でない?

結論だけいうと、水菜はどちらでも食べられます

サラダ・シャキシャキが好きな場合

水菜のシャキシャキとした食感が好きなら茹でないで生か、湯がく程度がおすすめ。

サラダの場合などですね。

水菜は苦みが少ないので、茹でなくてもおいしいです。

新鮮さが大事なので、買ったばかりの水菜の調理に向いています。

煮る・くたくたが好きな場合

煮る時や鍋にするときには茹でます。

水菜は茹でるとくたくたになりますが、食感はあるので、それはそれで好きという人も。

また、茹で時間を調整すれば、シャキシャキ食感もちょっと残るので、おいしくいただけます。

しっかり茹でた場合には、かさが大きく減るので、とにかくたくさん食べたい!という人におすすめ。

冷凍保存した場合など、新鮮でない場合にも、しっかり調理した方がおいしいです。

季節にもよる

このように、水菜は茹ですぎにだけ注意すれば、さまざまな用途に使えます。

ちなみに、冬場の水菜はすこし固いので茹でた方がおすすめですが、夏は柔らかいことが多く、季節によっても違うようです。

 

みんなは茹でる?茹でない?

水菜を茹でる方が好きか、茹でない方が好きかは人によってもばらばら。

多いのは、「サラダにするときは茹でない」「冬場の鍋や煮物の場合は茹でる」という意見です。

全体的にみると、水菜は生のまま、シャキシャキサラダに加えるのが好き!、という人が多めですね。

また、虫や汚れが心配なので、一応お湯に通す、という人もいました。

ちなみに、自分は鍋やスパゲティに入っている、ちょっとくたっとした水菜が好きです。

 

水菜の茹で時間はどれくらい?

水菜の茹で時間ですが、これも結構自由です。

でも、シャキシャキした食感を残したい!、という場合には、茹ですぎはNG。

水菜の茹で時間は、大体5~10秒程度。

大量の熱湯に、しっかり洗った水菜を根から入れるようにします。

そして、茹で終わったら、すぐに冷水をかけます。冷水で冷まさないと、余熱でくたくたになってしまいます。

あらかじめ、ボウルなどに冷水を張っておくと便利です。

水菜のシャキシャキ食感に関しては、茹で時間とのたたかいなので、目を離さないようにしましょう。

茹で時間じゃなくても…

ちなみに、茹で時間じゃなく、お湯をかけるだけでもOKです。

この場合には水菜をしっかり洗った後、二つに切り、ざるに入れ、熱湯を10秒まわしかけます。

もちろん、お湯をかけた後は、水菜を茹でた後と同じように冷水にさらします。

この場合は、茹で時間を気にすることなく、さっと済ませられるので便利ですね。

おひたしの場合にも、5秒の茹で時間か、10秒お湯をかけるかするレシピになります。

 

しっかり茹でてもOK

上に書いたように、水菜は生はもちろん、茹でてもおいしく食べることができます。

その時の茹で時間は好き好きですが、えぐみや苦み自体は短時間でとれます。

しっかりくたくたの水菜が好き!な場合には、しっかり茹でるとよいでしょう。

それ以外の場合には、他の材料をすべて入れ終わった後、最後にさっと加えるのがよいかもしれません。

かさが減る

ちなみに、生の場合と違い、水菜はしっかり茹でたり、茹で時間を長めにとると、かさがかなり減ります。

たくさん水菜を食べたい場合には、茹で時間を多めにすると食べやすいですね。

ニンジンなど他の野菜でかさましするのもよいでしょう。

 

水菜を冷凍する場合

水菜は安いので、ついつい買いすぎてしまうことも……。

そんなときに便利なのが冷凍保存ですが、水菜は冷凍保存できるでしょうか。

結論だけいうと、水菜は「さっと湯がき(5秒)、小分けにして冷凍」がおすすめです。

ただ、水菜は新鮮さが大事な野菜なので、冷凍するとやっぱり食感は落ちてしまいます。

水菜はサラダではなく、スープやおひたしなどに使うとよいでしょう。

また、加工してから冷凍(すまし汁、スープなど)もおすすめです。

冷蔵庫だと3日

水菜は長持ちしない野菜ではありますが、冷蔵庫なら3日程度は持ちます。

この場合にも、5秒程度湯がいておくとよいでしょう。

(もちろん、生でも保存はできます。がくたくたになりやすいので注意)

煮びたしや炒めものにして冷蔵するのもよいですね。調理すると、少しだけ保存期間が延びて便利です。

ただ、生で食べたい場合には、買ったその日がおすすめです。

 

おわりに

水菜の茹で時間や茹でるのかゆでないのか、それに、冷凍する場合や保存方法について見てきました。

水菜は安く、食感もいいので、ついついたくさん食べてしまいますよね。

シャキシャキが好きなら茹ですぎないよう、注意してくださいね。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事