茹でるだけ・焼くだけでおいしいウインナー! でも案外、どんな調理法がいいのか、知らないものですよね。

今回は、ウインナーのおいしい焼き方とゆで方、ボイル時間などについて見ていきます。

 

ウインナーは焼く?茹でる?

ウインナーは大きく分けると、「焼く」方法と「茹でる」方法があります。

まず、それぞれの特徴を少し見てみましょう。詳しい焼き時間・ボイル時間などはさらに下で見ていきます。

焼くと……

ウインナーは焼くと、皮が香ばしくなります。

焼くというよりも炒めるように、ころころころがすのがコツです。

茹でると……

ウインナーは茹でると、ジューシーな出来上がりになります。

よくCMで見る、パリッとした皮などは、ボイルの場合ですね。

ただ、茹ですぎるとうまみが出てしまうのが、難しいところです。

焼く&茹でる・蒸す

実は、焼く・茹でるを組み合わせたり、蒸したりする方法もあります。

こちらは焼く・茹でるのいいとこどりのような調理法ですが、加減がちょっと難しいことも。

時間短縮にはウインナーの蒸し焼きがおすすめです。

電子レンジで

そのほかに、ウインナーを電子レンジで加熱する方法もあります。お手軽さでは一番!

 

おすすめのウインナーのボイル時間

いろいろな茹で方や焼き方を見る前に、個人的におすすめなボイル方法について紹介します。

沸騰したお湯で弱火で3分

おすすめの茹で方は下の通り。

  1. 鍋いっぱいにお湯をわかす
  2. 沸騰したら弱火に。ウインナーを入れて3分茹でる
  3. ウインナーを取り出す

ポイントは沸騰したら「弱火」にすること。

強火のまま茹で続けると、パサパサになってしまったり、うまみが出てきてしまうので、注意です。

この方法は、シャウエッセンの公式ホームページにある茹で方で、個人的にお気に入りです。迷ったら試してみてはいかがでしょうか。

 

ウインナーの茹で方とゆで時間

次は、ウインナーの茹で方とゆで時間・ボイル時間について詳しく見てみましょう。

ポイントは80℃~90℃

ウインナーを茹でるときのポイントは、茹で時間より、80℃~90℃で茹でること。

といっても温度計は面倒くさいので、沸騰した後に火を止めたり、弱火にしたりして、数分温めます。

強火や中火で茹ですぎると、ぱさぱさになったり、肉汁が流れ出してしまったりします。

茹で時間は3分~

茹で時間はいろいろありますが、3分ほどたつくらいから、パリッとした弾力がでてくるようになります。

で、5分ほど茹でると、肉がとろっと飛び出るぐらいのできあがりになります。

1分くらいでも、食べることはできますが、ちょっと柔らかいかな、といった印象。

茹で方&茹で時間いろいろ

茹で方とゆで時間についていくつか並べてきます。

手軽にできそうな方法を試してみるのもいいかも。

  • 熱湯に1分くらい入れておく
  • たくさんのお湯を沸騰させ、火を止め、ウインナーをいれて蓋をして5分
  • 沸騰直前の熱湯にウインナーを入れ、3~5分放置
  • お湯を沸かして、冷たいままのウインナーを入れ、蓋をして10分おく(常温ウインナーだと3分くらい)

ちなみに、ウインナーは製造過程で火を通しているのがほとんどなので、完全に熱を通さなくても、一応食べられるようです。

 

ウインナーの焼き方・焼き時間

次はウインナーの焼き方と焼き時間について見てみましょう。

焼くというより炒める

ウインナーは、焼くというよりは、炒めるように、ころころころがすようにした方が、しっかり火が通ります。

強火にしすぎると、中に火が通る前に焦げてしまうので、注意。

油はひかなくてOK

ウインナーを焼く時には、油をひく必要はありません。

ウインナーは表面に白い脂がぶつぶつ見えるように、焼く・いためると油が出るので、ひかなくても大丈夫です。

ただ、皮なしウインナー(ウィニーなど)は焦げてしまう場合があるので、少し油を引いた方がいいかも。

切れ目もいれない

ウインナーに切れ目をいれてしまうと、うまみが流れ出てしまいます。

なので、ウインナーに切れ目を入れる必要はありません。

皮がはじける感じになるまで

ウインナーは焼き時間が短いと、中が冷えたままのこともあります。

(つめたくても、食べることはできます)

中までしっかり熱がとおると、ウインナーの皮がはじけるような感じになりますので、それを基準にするといいかも。

 

茹でる&焼く・蒸す場合

ウインナーを茹でてから焼いたり、蒸したりする方法もあります。

ジューシーさとウインナーの皮の香ばしさを一緒に味わえる調理法で、ひそかに人気です。

いくつかレシピを見ていきましょう。

ボイルしてから焼く

  1. お湯を沸騰させてから、弱火にする
  2. ウインナーを入れて5分~7分茹でる
  3. フライパンやグリルで焦げ目をつける

水がなくなるまで焼く

  1. ウインナーが1/2つかるくらいの水と、ウインナーを入れて火をつける
  2. 強火で水分がなくなるまでころがす
  3. (焦げ目はお好みで)

焼いてから蒸す

  1. 小さめのフライパンにウインナーを入れて強火に。
  2. 両面に焼き目をつける
  3. 焼き目がついたら水(ウインナー4本につき水は大さじ1)を入れ、蓋をし、弱火に
  4. 水の音が小さくなったら完成

 

オーブン・電子レンジを使う

最後に、オーブンや電子レンジを使ったウインナーの加熱方法を見てみましょう。

電子レンジで1分

器にウインナーと少しの水を入れて、1分程度、レンジでチンするだけ。

手軽に美味しく食べたい時におすすめですね。

電子レンジでチンしてから焼く

電子レンジでねつを通してから、フライパンで焼く方法。

ウインナーの皮の香ばしさは外せない、という人におすすめの時短要理ですね。

オーブントースターで5分~8分

オーブントースターでウインナーを5分~8分ほど熱します。

 

ウインナーはあたためるのでOK

ウインナーは、基本的に、製造途中で、燻製したり、蒸したりしているので、多くは加熱済みです。

なので、冷たくても、食べることはできますので、熱を通すよりも、「温める」のを心がけると、おいしくいただけます。

 

おわりに

ウインナーの焼き方や茹で方、ボイル時間などについていろいろ見てきました。

ウインナーと一言にいっても、色々な方法があるようですね。

個人的には焼くよりも茹でる方が好きですが、目玉焼きと一緒に焼いたり、蒸したりすることもあります。

その時の気分に合った方法で、おいしいウインナーを作ってみてくださいね。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事