「肴(さかな)」という言葉は、食べ物の「魚」と似ていてなんだか、ややこしいですよね。

今回は「肴」の読み方や意味、使い方、それにつまみとの違いについて見ていきます。

 

「肴」の読み方

上に書いたように、「」は「さかな」という読み方です。

ちなみに、ほぼ似た意味の「酒肴」は「しゅこう」という読み方になります。

元々、「肴」は「こう」と読み、その時には「おかず・ごちそう(煮た肉など)」という意味を持っていました。

「肴」の意味

読み方だけみると、肴(さかな)は「魚」のようで、なかなかややこしいと感じる人もいるかもしれません。

「肴」の意味は、「酒を飲む際に共に楽しむもの・食べ物」を言います。

具体的には、酒を飲むときのおつまみ、酒を飲みながら見る歌・踊り・話題などをまとめて、肴という意味になります。

「肴」の意味の由来

肴は、もともと、「酒菜」という言葉が由来になっています。

意味は、文字通り「酒のためのおかず(菜)」。

この酒菜が「肴」と書きかえられて、現在のように使われるようになりました。

ちなみに、江戸時代までは、「魚」は「うお」と呼ばれていました。

お酒のおつまみ(肴)に魚肉が使われることが多かったため、自然と魚が「(うおではなく)さかな」と呼ばれるようになったのです。

意味や読み方的には「肴」の方が先だったのですね。

 

肴の具体的な意味と使い方

肴の具体的な意味は、下のようなものがあります。

食べ物(おつまみ・あて)

例えば、ビールに枝豆、ワインにとってのチーズなどが、肴という意味にあてはまります。

もちろん、キャビア・フォアグラ・刺身・揚げ物・乾き物などなど、酒と一緒に食べるものであれば、なんでも肴と呼べます。

食べ物以外

肴はおつまみと似た意味なので、食べ物をイメージすることが多いと思います。

ただ、食べ物以外でも、酒と一緒に楽しむものを「肴」と呼びます。

具体的には、酒の余興や、おしゃべり(噂話)などなど。

現代なら、スマホやインターネットを肴に飲む人もいれば、テレビの野球番組やお笑い番組を肴にしている人も。

 

肴の使い方

肴は、下のような使い方をします。

  • 「○○を肴にする、肴にして飲む」

例えば、「上司の噂話を肴にして飲む」「昨日の残りものを肴に、日本酒を飲む」「美しい景色を肴に」などなど。

ちなみに、「肴」という言葉には、「酒の」という意味も含んでいます。

なので、「酒の肴」という言葉は、言葉が重なってしまっているので、意味は通じますが少し間違い。

(「頭痛が痛い・犯罪を犯す」みたいなことですね)

正しくは「肴」の一文字のみで使います。(「頭が痛い・罪を犯す」)

飲酒以外で使うことはほとんどありません。

 

「つまみ」との違い

肴は、お酒と共に楽しむものです。

そこで、「つまみ」とはどう違うの?、と不思議に感じる人もいるかも知れません。

肴とつまみはほとんど同じ意味です。

強いて言うなら、つまみの方が、少し俗っぽい言い方で、「肴」のほうが丁寧に感じる人が多いでしょう。

状況に応じて使い分けるのがいいですね。

ちなみに上に書いたように、「肴」は、元々は「こう」と読み、「おかず」という意味でした。

そういう意味で、つまみよりは広い意味を持っていたんですね。

 

おわりに

「肴」の読み方や意味、使い方、おつまみとの違いなどいろいろ、見てきました。

普段何気なく使っている言葉ですが、意外と不思議なことも多いですよね。

「肴」という言葉について、少しでも理解が深まったのなら幸いです。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事