家でピザを焼く時って、何度で何分焼けばいいのかわかりにくいですよね。

オーブンの場合には、温度や焼く時間を間違えるとうまく焼けなかったり・・・。

ということで、今回はピザはオーブンで何度で何分焼けばいいのか、おいしいピザの焼き方について見ていきます。

 

ピザは何度で何分焼く?

ピザを何度・何分で焼くかは、好みや生地にもよります。

例えば、お店などの場合には、薪式のかまどで焼くので、「約400~490度で3分」です。

家庭のオーブンの場合には?

ただ、家庭のオーブンでは、最高温度はせいぜい、200度~250度くらいですよね。

家庭の電気オーブンでは、「200度で15~18分」で焼く、という人が多いです。

全体で見ると、200度以上で、10分~20分の焼き時間・温度にすると成功しやすいとのこと。

ただ、当然ですが、生地・具材・好みなどによってさまざま。

オーブンの場合のピザの焼き方について、さらに詳しく見ていきましょう。

 

オーブンでピザを焼くコツ

オーブンでピザを焼くときに気をつけたいのは、下のようなこと。

  • カリっとさせるには高温で
  • 市販の生地か、手作りの生地か
  • 具材を乗せすぎない
  • 具材の水分に注意

そのほかに、ピザ生地を下焼きするという裏技も。

また、オーブン以外には、魚焼きグリルや、フライパンでピザを焼くのもおすすめです。

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

カリッとさせるには高温で

ピザ生地をカリッとさせたい場合には、オーブンで「できるだけ高温・短時間」で焼くのがコツです。

低い時間で、ゆっくり焼くと、生地がかたくなってしまうことがあるので、注意です。

200度または250度で

オーブンでピザを焼く場合には、200度~250度がおすすめです。

しっかり予熱をして、10分~20分で焼きあげるという人が多いですね。

オーブンで焼いている時は黒焦げにならないように、見ながら。

表面がぐつぐつしてきたら、食べどきです。

パンのような生地なら180度前後

ピザでも、カリッとした生地ではなく、パンのような生地なら、180度前後で焼くこともあります。

オーブンで焼く時間は20分~30分と長め。

この場合には、具材に火が通りすぎることもあるので、注意です。

 

市販の生地か、手作りの生地か

オーブンでピザを焼く場合には、そもそも市販の生地のはなしなのか、手作りの生地の話なのか、注意する必要があります。

市販の生地は大体でOK

市販のピザ生地を使う場合には、オーブンで焼く時間は神経質にならなくてOKです。

というのも、市販のピザ生地は、色がついてないですが、大体、一度焼いています。

なので、オーブンで焼くときには、「焼き足りない」ということはあまりなく、具材に火が通りさえすれば、おいしく食べられます。

手作りの生地は薄くする

手作りの生地の場合には、オーブンでしっかり焼く必要があります。

なので、手作りのピザ生地は、好みもありますが、薄くのばした方が、うまく焼くことができます。

厚いと、ピザ生地が一部、生のままになってしまうことも。

厚いピザ生地にする場合には、オーブンで下焼きをしてから具材をのせるという手もあります。

 

ピザの具材に注意

ピザをオーブンで焼く場合には、ピザの具材にも注意が必要です。

具材をのせすぎない

ピザといえば、好きな具をのせられるのが楽しみの一つでもありますよね。

でも、具材を乗せすぎると、オーブンでなかなか火が通りにくいこともあります。

特に、具材を重ねると、表面以外の部分が蒸し焼きになり、水分が出てきて、びしょびしょになってしまうことも。

また、オーブンで焼く時間が長くなって、生地が固くなることもあります。

具材は乗せすぎないか、一部の具材に事前に火を通しておくのがおすすめです。

具材の水分に注意

オーブンでピザを焼く場合には、どうしても水分が出てきてしまいます。

自分はこの水分も好きですが、できるだけピザはぬらしたくない、という人もいるかと思います。

その場合には、1)トマトなどの水分が多い具材を減らす、2)あらかじめ火を通す、3)水分を吸い取る海苔の上に具材をのっける、とするのがおすすめです。

また、低温で焼くと、具材の水分は多くなります。

ピザの具材は、全体の厚さが均等になるようにのっけましょう。

 

ピザの生地を下焼きする

オーブンでピザを焼く場合には、どうしてもお店より温度が低くなります。

なので、厚めのピザ生地にする場合や、具材の水分でべちょっとなるのが嫌な人は、「下焼き」もおすすめです。

下焼きする時間

ピザ生地は、200度のオーブンで5分~10分下焼きするのがいいしょう。

オーブンで下焼きをすると、生地がサクサク、クリスピーのような感じになります。

具材の水分が生地に移りにくくなるので、具材も自由にのせられますね。

オーブン以外で焼く場合

家だと、ピザはオーブンで焼くことが多いかと思います。

実は、オー部に害でも、フライパンや魚焼きグリルでピザを作ることもできます。

フライパンの場合

フライパンの場合には、ピザを入れ、蓋をして焼きます。

ピザ生地がカリッとした食感で焼けますね。

蓋をすることで、具材は蒸し焼きにします。チーズに焦げ目がつけられないのが、少し欠点かも。

魚焼きグリルの場合

魚焼きグリルがある場合には、それでピザを焼けます。

アルミホイルに薄く油を塗り、ピザを乗せ、こんがりするまで焼きます。

焦げすぎに注意。

人によっては、オーブンで焼くより、魚焼きグリルの方が好きという人もいるようです。

 

おわりに

ピザの焼き方について見てきました!

オーブンでピザを焼く場合には、何度・何分といった温度・時間も大事です。

でも、具材の選び方や、生地の種類によっても、焼き方を変えることも必要ですね。

迷った時には、200度以上で、10分~20分を基準に考えるとよいでしょう。

ぜひ、おいしいピザを焼きあげてください! 参考になったなら幸いです。

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事