よく、「オーブントースターで○○分」っていうレシピを見ますよね。

この場合、オーブンレンジだと何度の温度で、何分焼けばいいのかわかりにくいもの。

今回は、オーブントースターの温度や、1000w、900w、600w、500wの場合について見ていきたいと思います。

 

オーブントースターの温度

結論を始めにいうと、オーブントースターの温度は200度~250度のことが多いです。

ただし、そのオーブントースターの機種や容積、それに古さなどによっても大きく変わります。

なので、正確な温度は、そのオーブントースターの説明書やメーカーのサイトを見るようにしてください。

おおざっぱに「オーブントースターで○○分」という表記がある場合は、オーブンレンジなどでは、200度以上に予熱してから調理すると、いいかもしれません。

切り替えスイッチがないと200度のことが多い

最近だと、温度調整機能のついているオーブントースターも多いですが、

オーブントースターの切り替えスイッチがない場合は200度であることが多いそうです。

古いオーブントースターの場合は、160度~180度ということもありますね。

また、長年使っているオーブントースターは、温度が上がりにくいなどの場合も。

 

オーブントースターの温度のしくみ

オーブントースターは、一定の温度まで庫内をあたためる仕組みです。

つまり、オーブントースターの場合には、決まった温度まで上昇すると、ヒーターが止まります。

これがオーブンレンジのオーブンとの違いですね。

オーブンレンジのオーブンは、一定の温度で庫内をキープするものがほとんどです。

焦げ目をつける料理向け

オーブントースターは、一気に温度が上がります。

これは、庫内が狭く、ヒーターとの距離も近く、直火であぶっているようなものだからです。

なので、オーブントースターは焦げ目をつける料理やお菓子に向いています。

具体的には、高い温度で焼くトースト、ピザ、グラタン、焼き魚など。

オーブントースターでお菓子作り

オーブントースターでお菓子を作る場合は、大体、高温すぎることがほとんど。

こげそうな場合は、アルミホイルをかぶせるという方法もあります。

なので、「3分焼いたら2分保温」を数回繰り返してようすを見たり、

ずっとオーブントースターの前にいて、焦げないように見ていることで成功率が上がるかも。

 

オーブントースターのw(ワット)

オーブントースターの設定で、温度の他に「w(ワット)」があるときもありますよね。

次はこのW「ワット」と温度の関係ってどうなっているのか、について見ていきましょう。

w(ワット)と温度

オーブントースターの表示がワットになっている場合がありますよね。

このWが高ければ高いほど、一定の温度になるまでの時間が短くなります。

簡単にいうと、W(ワット)とは、何らかの温度に上がるまでの時間を示しています。

オーブントースターのワットと温度

ワットが単純に温度に置き換えることはできない、というのはわかったかと思います。

それを踏まえて、オーブントースターのワットを、強いて温度で考えるなら、

600wで200度前後、300wで140度前後、くらいの温度になると考える場合が多いです。

ただし、加熱時間がのびれば、温度も上昇していきますので、あくまで目安程度に。

高いWほどすぐ焦げる

ワットは一定の温度にあがるまでの時間、つまり、「高いWであるほど、すぐ焦げる」ということです。

例えば、お菓子作りをしたい場合に、1000wや900wにするとすぐ焦げついて失敗してしまいます。

上に書いたように、お菓子の場合には、600wや500wで、焼いたり保温したりでようすをみるようにするとよいでしょう。

 

おわりに

オーブントースターの温度や、ワットとの関係について見てきました。

理科が苦手な人にとっては、「ワットって何度のことなんだろう?」と考えてしまうかもしれませんね。

でも、ワットとはいわゆるパワーみたいなものなので、温度に直接変換することはできません。

オーブントースターで○○分、という時は200度以上をめやすみ、調子を見ながら加熱するといいと思います。

参考になったら幸いです。

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事