息を吸ったり、深呼吸をしたりした時に背中が痛い!、と言う事はありませんか? 今回はそんな、息を吸うだけで背中が痛む場合の原因と対処法についてまとめました。

 

ピリっとした痛みなら「肋間神経痛」かも?

背中の痛みの中でもピリっとした痛みの場合は肋間神経痛の可能性があります。

肋間神経痛とは?

これは肋間神経という、肋骨の近くにある神経が何らかの原因で痛むことで起こります。

息を吸うと背中が痛む、特に深呼吸をすると背中が痛い、胸にもズキズキっとした痛みがある、ものを持ちあげる時に痛む等が主な症状ですね。

原因

原因はさまざまで、骨折や脱臼などで神経が刺激されたり、風邪・ストレス・心臓の病気・腹膜炎などなど。

とにかく、肋間神経が刺激されたり、圧迫されたりすると痛みが発生します。

原因が分からず、「ストレス」と診断されることも少なくありません。

対処法

対処法としては、原因を一つ一つつぶしていくことが大切。

ストレスの原因をなくしたり、日々の姿勢を見直してみたり、また骨折や脱臼、風邪、病気などはそれぞれしっかり治すようにしましょう。

また出来るだけ早く医療機関を利用するようにしましょう。病院では、鎮痛剤などの薬物治療が主に行われます。そのほか、漢方や鍼治療、ツボなどの東洋医学も有効とされていますね。

参考:肋間神経痛の原因と症状・対処法について

 

ダンサーなら「胸椎前方変位」の可能性

普段の生活では少ないものの、ダンスやバレエなど体の柔軟性が大切な運動をしている人は「胸椎前方変位」担っている可能性がありますね。

928

これは、普段は背中の方へ軽いカーブをしてある胸椎と言う部分が何らかの原因で前方にそってしまっている状態を示します。

症状

症状としては、深呼吸をした時に激しく痛む、そもそも圧迫感があり深呼吸ができない、胸も同時に痛む、背骨を押されているような痛みがあり、上向きで寝ることが困難、などがあります。

ダンサーのほか、体が柔らかい人もなりやすいです。

そのほか、事故などによる変形で胸椎前方変位になる人もいます。

対処・治療

治療法としては、柔軟を行い骨を矯正したり(体操療法)、コルセットを使って背中から胸を固定し、背中の負担を減らしたり(装具療法)します。

骨の問題なので、病院(整形外科)へ行って適切な両方を受けることが大切です。整体などでは逆に悪化してしまう場合もあるので注意してくださいね。

 

 

猫背・肥満・咳などなら「椎間関節の痛み」

首の部分には7つ、頸椎がありんす。このそれぞれをつないでいるのが椎間関節ですが、ここにはさまざまな神経が集まっているため、非常に痛みに敏感になっています。

zukai05

(http://siryokukaifuku.biz/dvd/menu13.html より)

この部分が何らかの原因ですれて痛みやすくなっている場合、息を吸うだけで背中が痛んでしまう場合がありますね。背中の中でも、上部が痛む事が多いようです。

原因は猫背など、姿勢が悪い場合や咳のしすぎで頸椎にダメージを与えている場合、

肥満や運動不足のせいで負担がかかっている場合など、さまざまです。息を吸うほか、かがんだ場合に痛む事もあります。

若い人に多い椎間関節の痛みですが、レントゲンや血液検査でもわからないのでなかなか厄介。

対処法としては、体操療法やコルセットのようなもので首を固定したり、直接、椎間関節に注射を行い、痛みを緩和するなど。

気になる場合には、整形外科に行き、治療を仰ぐことをおすすめ済ます。

 

 

そのほか、骨折や心臓の病気など・・・

呼吸をするだけで背中が痛むという場合には、上のような神経痛や関節の痛みのほか、骨折(特にろっ骨の骨折)や心臓、大血管の病気などが考えられます。

背中の痛みのほかに冷や汗や気分が悪くなるなどがある場合には、すぐに病院で診てもらうようにしてください。

また、そのほか軽い風邪や、背中の筋肉・筋が炎症を起こしている場合が考えられますね。

なんにせよ、痛みが我慢できないほどひどい場合や長引く場合には病院で診察をしてもらう事をおすすめします。はやめに治療を始めれば、その分背中の痛みを早く治すことができますよ。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事