普段生活していて意外と困るのが「肘の痛み」。今回は肘の内側・外側の痛みや伸ばすと痛い場合の原因や対処法について見ていきます。

 

肘の痛い場所別、可能性のある原因

まずは、肘が痛む場所(内側・外側・全体)別に原因を見ていきましょう。

肘の内側が痛い場合

肘の内側が痛む場合には、「テニス肘」や「野球肘」と呼ばれる原因が考えられます。

1040

  • 野球肘
    小学生や中学生、そのほか長く野球をしている人に起こりやすい(特にピッチャー)。投球の動作の繰り返しによって、肘の関節を保護している軟骨や靭帯、腱などが損傷する事によって起こります。
  • テニス肘
    手首と肘の力を無理に使う事によって、腱や筋肉の変形、炎症が引き起こされます。テニスをしている人に多く、そのほか加齢によって起こる事も。手首をひねると特に肘が傷みます。

これらは二つとも、医学的には「上腕骨内側上顆炎」と呼ばれます。

特にテニス肘に関しては、テニス経験がなくても日常生活の動作が原因で、日々のささいな動作(包丁やドアノブを握る、コップを上からにぎる)でも、肘の痛みを感じます。

参考:肘の内側が痛い・上腕骨内側上顆炎になった場合の対処法

肘の外側が痛む場合

ひじの外側が痛い場合にも、内側と同様に「テニス肘」とよばれます。(テニスは肘の内側・外側に負担をかけるため)

テニス肘は、テニス経験のほか、加齢・五十肩の後の運動・包丁やドアノブを握る・マウスを使うなどなど普段の動作が原因でいたむことも少なくありません。

パソコン操作によってひじの外側が痛くなることもあります。

1036

特徴は、手首の動作がそのまま肘の外側の痛みに直結するところですね。

肘の外側の痛みは医学的には「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれます。

肘の外側の痛みのほかに、肩や首のこりがある場合にはテニス肘であると思って間違いないでしょう。

参考:上腕骨外側上顆炎(肘の外側が痛い)場合の治療と対処法

肘の関節全体が痛い場合

1038

内側や外側の区別なく肘の関節全体が痛い場合には、「関節リウマチ」や「変形性肘関節症」の可能性があります。

関節リウマチは30代女性に多く、肘が痛い他に手のしびれなどの症状があります。遺伝・環境など原因はさまざま。

関節リウマチの場合には血液検査ですぐに診断できます。

変形性肘関節症は60代男性、特に肘を使うスポーツをしていたり、重労働をしていた人に多く、肘を曲げると「きゅっ」とした、とげが刺さるような痛みが出るのが特徴的です。

 

肘を伸ばすと痛む場合

1037

肘の曲げ・伸ばしで痛む場合には変形性肘関節症が原因かもしれません。

変形性肘関節症になると、肘の関節の軟骨がすり減り、骨と骨がぶつかるため、肘を曲げたり伸ばしたりするたびにとげが刺さるような、きゅっとした神経の痛みが走ります。

60代の男性、特に過去に肘を使うスポーツをしていたり重労働な仕事をしていたりという人が発症しやすく、加齢とともに悪化します。

これになると肘の痛みからなかなか肘が動きにくく、手が口に届かないなど生活にも支障が出てきます。

無理に動かすと小指にしびれが出てくる事も。

そのほか、関節リウマチやテニス肘などでも肘を伸ばして痛む場合があります。

 

対処法、痛む場合はどうしたらいい?

肘が痛む場合には、やはりまず病院に行く事をおすすめします。

1039

肘が痛い場合には整形外科に行き、まずはレントゲンをとることがほとんどです。レントゲンの結果や症状から原因を突き止め、その原因に合った対処をしていきます。

基本的には

  • 飲み薬・塗り薬
  • バンドなどで固定
  • 注射
  • 重度の場合には手術

などの治療方法が用いられます。

また、自分でできる対処法として、炎症の場合は氷水や氷嚢で冷やすようにしましょう。炎症が治まってきたら、反対にお風呂などで温めるようにします。

肘と手首を固定すると痛みが治まりやすくなるので、サポーターなどで固定するのも効果的です。サポーターはすぐに痛みを消す事はできませんが、長期的な治療には効果的ですね。

そのほか、ストレッチなどの方法もありますが、素人がおこなうと帰って症状を悪化させる原因にもなるので注意しましょう。

 

とにもかくにも、まずは病院に行って肘が痛い原因をつきとめるようにするのがおすすめですよ。

 

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事