今回は過敏性腸症候群の症状について見ていきます。

「過敏性腸症候群かな?」と思ったら確認してみてくださいね。

 

主な症状

過敏性腸症候群は、なんらかの原因で腸の働きがおかしくなることで症状が出ます。

0807

症状は

  • 腹痛(発作的な刺す痛み、長く続く鈍痛)
  • 下痢
  • 便秘
  • お腹がごろごろ鳴る
  • お腹が膨れた感じ(ガス過多)

などなど。

 

主にお腹、大腸や小腸の部分の不調から症状が出ます。

男女で起こる比率はそう変わりませんが、男性は下痢が、女性は便秘が起こることが多いですね。

お腹が膨れた感じ(ガス過多)の症状が出た場合には、おならが出やすくなることも。

また、ご飯を食べた後にお腹が痛む、という人も多く、このような場合には排便をすることで症状が治まることもあります。

 

そのほかの症状

1052

過敏性腸症候群は大腸・小腸の症状も多いですが、それ以外に体の節々に不調が出ることがあります。

例えば

  • 頭痛・疲労感
  • 不安感
  • 集中力が長い間持たない
  • 抑うつ感

などなど。

上でも書いたようにガスがお腹にたまる、という症状の人は、「一日中おならが出ている……」とそわそわしてしまうことも。そのことを気にし過ぎるあまり、ストレスがさらにのしかかってしまいます。

これらの症状は過敏性腸症候群が直接の原因かはわかっていないものの、同時に出やすいものとして覚えておくとよいでしょう。

 

過敏性腸症候群について

過敏性腸症候群の原因はよくわかっていません。

今のところ、「脳にストレスがかかる → 脳下垂体から何らかのホルモンが放出 → その影響で腸の働きがおかしくなる」という研究もあるものの、詳しくは発覚していませんね。

 

先進国に多い病気ともいわれ、日本では10人に一人という確率で患者がいると言われています。

20代から40代の患者が多く、女性は便秘、男性は下痢といった症状が出やすいです。

また、患者さんの性格は、「不安・緊張しがち」「ヒステリー体質」「うつ傾向」といった性質を持つ人も多いですね。

 

過敏性腸症候群の患者さんは多くが初めは内科・消化器科を訪れます。

そこで検査をしても、過敏性腸症候群の場合にはなにも異常が見られない事が多く、治療は薬のほか、心療内科でストレスを取り除く方法などもあります。

参考:落ち込んだ時に!ストレス解消法・発散方法50個のまとめ

命にかかわる重大な病気というわけではありませんが、たびたびの腹痛や便秘によって仕事に支障が出ては大変です。

腹痛を頻繁に感じて困る場合には、まずはお医者さんに診てもらうとよいでしょう。

 

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果