1062

なんだか右や左の頬が痛い・腫れている、という場合、原因は何なんでしょうか?

今回は頬の痛みと腫れの原因として考えられる病気と、その時の対処法、何科に行けばいいか?、などのことについて見ていきます!

症状別にみる

頬の痛みは主に下の原因が考えられます。

  • 副鼻腔炎
  • 歯ぎしり・くいしばり
  • 顎関節症
  • 根尖病変
  • 蓄膿症
  • 三叉神経痛
  • 帯状疱疹
  • おたふくかぜ

それでは詳しく見ていきましょう。

 

鼻詰まりがあるのなら 「副鼻腔炎」 かも

1063

 

普段から鼻づまりをしやすい人なら、副鼻腔炎かもしれません。

副鼻腔は頬骨の近くにある空洞で、その部分に膿がたまってくるのが原因で腫れたり痛んだりします。

風邪の後に発症しやすく、頬の痛みのほか頭が重い感じがすることも。検査はレントゲンで行います。

頬の腫れや痛みが副鼻腔炎だった場合には、耳鼻科へ行ってみるとよいでしょう。

 

歯ぎしりのくせがあれば 「頬の筋肉痛」?

1104

普段、歯ぎしりをしたり、寝ている間にぐっと食いしばったりする癖はありませんか?

もしかしたら、歯ぎしりが原因で頬が筋肉痛のような状態になっているのかもしれません。このような場合には、歯ぎしりや食いしばりを意識的に止める必要があります。

寝ている場合の歯ぎしりをやめる方法は、枕を高くしない、飲酒を控えるなどの対処法があります。その人の歯ぎしりの対処法によっても変わってくるので、一度、歯医者さんなどに相談するのが良いでしょう。

 

あごや頬の骨に違和感なら 「顎関節症」 かも?

1103

もしも頬の骨の方が痛いのなら、顎関節症かもしれません。

これは文字通り、あごの関節がずれてしまっている状態で、口が大きく開かなかったり、口を開けようとすると耳の奥からこつこつ、かくかくと音がしたりするものです。無理に開こうとすると頬に痛みが出てきます。

悪化してくると、頬が腫れてきたり、こめかみの痛みや肩こり、目の奥の痛みなどの出てきます。

まだしっかりした原因は明らかになっていませんが、ストレスや疲れ、それにかみ合わせの悪さなどが原因とされています。

対処法としては、それら原因と思われるものをひとつずつつぶすしかないでしょう。

顎関節症の場合には口腔外科や歯科に行くとよいです。

 

歯の根っこに膿、「根尖病変(せんかくびょうへん)」?

1110

過去に虫歯をしたことがある場合には、根尖病変といって膿がたまってしまっているのかもしれません。

これは虫歯で神経をとった部分に細菌が入りこんでしまったもので、ストレスや疲れによって発症します。

このような場合に、膿がたまり頬が腫れ、痛みが出てくるのです。

症状の重さにもよりますが、大変なものだと長い期間の治療が必要になります。一時の対処法ではどうにもできないですね。

過去に虫歯の治療をした事がある人は根尖病変かもしれませんので、歯医者さんに診てもらうのが良いでしょう。

 

顔全体が痛いなら、蓄膿症の可能性アリ

1092

蓄膿症は風邪や花粉症が原因で発症する、誰でもなる病気です。

頬骨のあたりが主に痛み、腫れることもあります。また、上顎洞という部分で炎症を起こすと、頬の周辺が広く痛む事も

このほか、目の周りや額、あごまで痛みが広がることもあり、悪化するとけいれんしたり、表情を作るのが難しいほど顔がこわばり、神経が麻痺し、激痛を感じることもあります。

急性蓄膿症の、それも症状がある程度すすんだ頃に頬が痛み始めますので、痛みを感じたら耳鼻科に行く事をおすすめします。

個人の対処法よりも、抗生物質などの治療が効果的です。

 

 

神経のピリっとした痛みなら、三叉神経痛

1052

顔の感覚を感じる三叉神経が何らかの理由で痛みが起こり、感じるのが三叉神経痛です。

化粧や洗顔など、少し触れるだけで顔に痛みが走り、時には物をかんだり、歯磨きをするだけで痛むことも。

11月や2月に痛みが発症しやすく、一度の痛みは数秒、数十秒程度の短いものです。

主に内服薬で治療し、脳に問題がある場合には、手術を行うこともあります。

自然に治ることもあり、対処しなくてもよいこともありますが、なかなか治らない、日常生活に支障が出る場合などは神経外科なを訪れるのが良いでしょう。

 

そのほかの頬の痛みの病気

頬や目の下に湿疹が出ている場合には帯状疱疹が疑われます。これは神経にウイルスが入りこんだ時に発症するもので、湿疹とともにぴりぴりとした痛みが特徴。皮膚科に行くとよいでしょう。

おたふくかぜの場合には、耳の後ろから頬にかけて腫れ、痛みます。そのほか、発熱など普通の風邪と同じ症状も出ます。感染するものなので、周囲でおたふくが流行っていたり、過去におたふくかぜになった事のない人は、疑ってみるとよいでしょう。

 

おわりに

いくつかの病気を挙げてきましたが、当てはまりそうなものはあったでしょうか?

頬の痛みや腫れは膿によるものが多いですが、神経痛や筋肉痛、それに歯が原因だったりもします。

原因の分からない頬の痛みを感じた時には、歯科や口腔外科、耳鼻科などで診てもらうのが良いでしょう。

頬の痛みはどうしても気になってしまうもの。はやめはやめに検査をして、治療することをおすすめしますよ!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事