1077

生理が終わったのに、生理痛のような痛みが続いている……、そんな時にはもしかしたら病気かも、と不安になってしまいますよね。

今回は生理痛のような痛みが続く場合に考えられる原因や病気、それに対処法について見ていきます!

考えられる原因 5つ

主に考えられる原因は5つあります。一つずつ見ていきましょう!

1 疲れがたまってるのかも…「ホルモンバランスの乱れ」

1052

生理は二つの女性ホルモンによって周期が決まります。この二つの女性ホルモンが乱れると、生理が終わった後にも生理痛のような痛みが残ってしまいます

女性ホルモンは、ストレスや生活習慣によって乱れてしまいやすいので、ホルモンバランスの乱れが原因で生理痛の痛みがある場合には、それら原因を取り除くことが必要です。

対処法としては、例えば、ストレス発散をしたり、しっかり体を休めたり、生活リズムを整えたり、食事に気を使ったり……。

生活を少しずつ変えていく事で改善することができます!

 

2 生理の数日後なら「排卵の痛み」?

1078

生理が終わってから数日経つと排卵が起こりますが、この排卵が原因で生理痛のような痛みを感じる人もいるようです。(排卵痛

主な痛みは下腹部のずーんという痛みで、とりわけ卵巣の痛みがひどいとのこと。

排卵の時には卵巣の表面が破られるため、人によっては生理痛よりも痛みがひどいこともあるそうです。

ですが、特に問題があるというわけではないので心配はいりません。

対処法としては、痛みがひどい時には鎮痛剤を服用するくらいです。また、漢方による改善を目指す道もあります。

あまりに痛みがひどい場合には低用量ピルを用いることもありますが、妊娠を考えている場合にはおすすめできませんね。

 

3 発熱があるのなら「骨盤内感染症」か!

1079

生理痛のような痛みが続くほか、下腹部や腰などが痛み、発熱がある場合には、骨盤内感染症の可能性も考えられます。

骨盤と子宮や卵管、卵巣などは近いため、骨盤内の感染が生理痛のように感じられてしまうものです。

腹痛、発熱などの症状もあり、治療のために入院することも少なくありません。内服薬で症状が改善されない場合や何度も再発する場合には手術をすることも。

この場合には月経自体に異常が起こる事は少なく、不正出血もみられません

対処法として個人でできる事は少ないので、まずは医者に診てもらう必要があります。

 

4 尿に変化があるなら「膀胱炎」かも

1080

膀胱炎にかかると、生理痛のような鈍い腰痛や腹痛が続きます。

下腹部の痛み他に、排尿の際の痛みや血尿などが症状として挙げられます。ただ、軽い膀胱炎の場合には尿に変化が見られない事も。

原因としては疲れや冷えが挙げられます。そのほか、細菌の感染が原因のことも。

軽度の場合には1週間ほどの内服薬で完治します。

対処法としては、まずは医者に診てもらいましょう。そのほか、ストレスの解消や体を冷やさないようにしたり、生活習慣を改善することも大切。

 

5 そのほか、子宮や卵巣に関する病気

1081

生理痛のような痛みが生理の後も続く場合には、女性に特有の疾患である可能性があります。

例えば子宮内膜症子宮筋腫など子宮に関するもの、卵巣腫瘍など卵巣に関するものなどです。

また、性病の可能性もあります。

婦人科系の疾患の場合には、生理痛が長く続くほか、出血が異常に増えたり性行為の際に痛みを感じてしまうなどがあります。月経の際に異常が見られる場合にはできるだけ早く医者にかかることをおすすめします。

子宮や卵巣の病気に関しては個人の対処法よりは、医療機関の指示に従うのが賢明ですね。

生理痛のような痛みが続き、原因に心当たりがない・数日たっても改善しないという場合には婦人病を疑いましょう。

 

何科に行けばいい?

1039

生理痛のような痛みが続きなかなか改善しない場合には、やはり病院に行くことをおすすめします。

その時に何の病気か心当たりがない場合には、まずは「内科」に行くのが良いでしょう。

そこで基本的な検査をしてもらえます。(膀胱炎などもここでわかります)

内科で分からない場合には、基本的には婦人科にまわされるでしょう。婦人科では特に、子宮や卵巣に関する検査をします。

なにはともあれ、まずは内科に行って検査をするのが良いでしょう!

 

 

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事