押すと頬骨が痛む、息を吸うと痛い、なんだか頬骨が痛い……。

普段あまり気にしないのに、頬骨が痛いと一日中気になってしまって辛いですよね。今回は頬骨が痛い原因と何科に行けばよいのか、見ていきましょう!

 

頬骨が痛い原因は?

頬骨が痛い原因は大きく分けると下の6つあります。

  1. 虫歯
  2. 親知らず
  3. 噛み合わせが悪い・歯ぎしり
  4. 蓄膿症
  5. 鼻炎・副鼻腔炎
  6. 神経痛・ストレス・疲れ

それでは一つずつ見ていきましょう。

 

1 頬骨が痛いのは「虫歯」のせい?

1110

虫歯、特に上の歯が虫歯の場合には頬骨まで痛みが響くことがあります。

過去に歯の治療をした事がある場合には、虫歯が再発していたり、他の部分が虫歯になっているのかもしれません。

意識していなくても知らない間に虫歯はできているもの……油断できません。

頬骨に響くくらいの虫歯となるとかなり根深いことが考えられるので、ちゃっちゃと歯医者に行って治すことをおすすめします!

 

2 「親知らず」のせいで頬骨が?

1091

歯関係で、虫歯のほかの「親知らず」のせいで頬骨が痛んでいる可能性があります。

親知らずは、元からある歯を圧迫したり、また表面に出てこないで垂直に生えてきたりと、変な形ではえてきてしまうことが多いです。

そうすると、神経を圧迫し、痛みが歯ぐきから頬骨、果ては眉間まで広がっていくことも。

親知らずの場合には自分では気づきにくいもので、理由のわからない痛みを引き起こす事もあります。

 

3 歯ぎしりのくせ/かみ合わせの悪さ/食いしばりの癖など

1104

みっつめも歯に関係するもの。

「歯ぎしり」「食いしばり」などの癖を持ってませんか?

あるいは、かみ合わせが悪くなっていたりしませんか?

かみ合わせが悪い理由は

  • 元々歯並びが悪い
  • 親知らずが生えそろっていない
  • 虫歯などで歯が生えそろってない

と言う事が考えられます。

どうして痛みが?

「歯ぎしり」「食いしばり」は元々のくせだったり、あるいはストレス・疲れからやってしまいがち。

特に、何かに追い詰められていると寝ている間にぐっと歯を食いしばってしまいがちです。

かみ合わせが悪い、歯ぎしりや食いしばり、というのはあごや頬に力が入ってしまい、結果的に頬骨を疲労させ、また筋肉痛になってしまいます。

頬骨が痛いだけではなく、顎関節症(あごが開きにくい)にまで悪化することも。

歯ぎしりもかみ合わせも食いしばりも、基本的には歯科で相談して少しずつ直していくことができます。

 

4 頬骨を叩いて痛いのなら「蓄膿症」かも?

1092

鼻の奥の空洞の部分に細菌が入り込んだ場合、蓄膿症となってしまいます。この場合に同時に頬骨のあたりが痛みやすいのですね。

細菌感染する原因は、花粉症や虫歯、風邪などさまざまです。

頬骨の痛みのほかには、

  • 鼻がやたらと詰まる
  • 鼻水が出る
  • 指で頬骨を叩くと痛みが響く

などの症状がありますね。

悪化すると他の重大な病気になってしまう事もあるので、早めの検査が必要です。

 

5 鼻水や頭痛があるのなら……

1093

鼻水とともに頬骨が痛むと言う場合にはアレルギー性鼻炎や風邪などが考えられます。

鼻と頬骨は近いため、鼻炎の影響を受けてしまうのですね。この場合には風邪が治まるまで待つか、一応病院で見てもらうかするとよいでしょう。

アレルギー性鼻炎といえども、悪化すると蓄膿症になることも。

副鼻腔炎かも?

また、風邪とともに「副鼻腔炎」になっている場合には注意が必要です。

副鼻腔炎は眉間のあたりなどがズーンと痛み、また頭痛もあります。

また頬骨の上の方(目に近い方)が痛いのも特徴です。

副鼻腔炎は視力を悪化させたり、脳の炎症や気管支炎が併発することもあり、慢性化する前に治療する事が大切です!

風邪が長引いている、鼻水や頭痛が続いている、しかも頬骨が痛い、と言う方はまずは副鼻腔炎を疑ってはいかがでしょうか。

(副鼻腔炎が長引くと、慢性副鼻腔炎=蓄膿症になることもあります)

参考:副鼻腔炎の原因や症状(熱・咳・頭痛)と対処法

 

6 ストレスや疲れがたまっているのなら神経痛かも

1052

ストレスや疲れが頬骨の痛みとなって現れているのかもしれません。

ストレスや疲れがたまっている場合には、神経が立ってしまい、頬骨のあたりまで神経痛が起こることは珍しいことでもありません。

原因は

  • 季節の変わり目
  • 周囲の環境が変わった
  • 疲れてしまう事が多かった

と言うようなことのほか、いろいろ考えられますね。

対処法について

一時的なものの場合には放っておいても治りますが、なかなか治らない場合などは病院で見てもらうこと。

病院では鎮痛剤を処方してもらうのが良いでしょう。

また、原因の元となるストレスの発散・解消なども有効です。

参考:落ち込んだ時に!ストレス解消法・発散方法50個のまとめ

 

普段パソコンを使う仕事をいている場合には「眼精疲労」も疑ってみましょう。

参考:目の疲れを解消する方法!手軽にできるものやグッズなど19選

 

 

頬骨が痛い時には何科に行けばいい?

1039

頬骨が痛い場合には、基本的には副鼻腔炎や蓄膿症を疑うので、「耳鼻科」に行くのがお勧めです。

ただ、虫歯の経験があったり、かみ合わせ・歯ぎしりの癖など心当たりがある場合には「口腔外科」「歯科」に行くのが良いでしょう。

また、頬骨の痛みの中でも目に近い部分が痛む場合には眼精疲労なども考えられるので「眼科」も良いでしょう。

まとめると

  • 鼻づまりがあれば「耳鼻科」
  • 虫歯・噛みあわせっぽければ「口腔外科」「歯科」
  • 神経っぽくても「口腔外科」
  • 目の方が痛むのなら「眼科」

ってな感じです。

 

早めの診察・治療で頬骨の痛みを治してしまいましょう!

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事