足のしびれといえば正座をした後や運動のあとによく現れますが、それ以外の時に現れる事もあるんです。

今回は足がしびれた場合、特に右足や左足どちらかのしびれや痛みについて、原因と対処法を見ていきます!

 

右足・左足がしびれる原因

片足や両足がしびれる理由としては、下のようなものが考えられます。

  • 坐骨神経痛
  • 脊柱管狭窄症
  • 椎間板ヘルニア
  • 足根管症候群
  • 腰の関節の影響
  • そのほか(脳梗塞・バージャー病・糖尿病性神経症etc..)

それでは一つずつ、詳しく見て行ってみましょう。

 

「ビリビリ」としたしびれ

まずはビリビリっとした、痛みに近いしびれの場合についてです。

足を組む人に多い「坐骨神経痛」

腰からお尻を通り、足の先までの神経を「坐骨神経」といいます。

この神経の通り道のどこかが圧迫されたり炎症をおこしたりすると、足がびりびりーっとしびれる事になります。

右足や左足のどちらかだけに症状が出る事がほとんどで、普段足を組んでいる人に多いです。

1216

しびれは太ももの裏やふくらはぎ、足の甲などさまざまな場所に現れます。

腰を曲げたり、しびれのある足(右足か左足)を上にして横になると痛みを感じるほどにしびれが強くなる事も。

骨盤のゆがみや神経の圧迫、筋肉バランスが悪いなどの原因が多いですね。

対処法として足を組む習慣やお尻のポケットに財布などのものを入れている場合にはやめるようにしましょう。

足に力が入らない「脊柱管狭窄症」

背中にある脊柱管が何らかの原因で狭くなってしまうことがあります。

脊柱管が狭くなるとその中にある足の運動や感覚に関する神経が圧迫され、足にしびれという形で現れてきます。

1220

この場合には右足・左足の片方だけのしびれの場合もあれば、両足が同時にしびれ、痛む事があります。

お尻から足にかけて広い範囲でしびれを感じ、歩き続けると足に力が入らなくなることも。

腰の痛みはほぼなく、腰を曲げるとしびれが軽くなる事も。

脊柱管狭窄症が悪化すると、足のしびれだけでなく、排尿や排便にも支障が出てきます。

最悪、手術をする事になるので、個人で対処するというよりは病院で診てもらう事をおすすめします。

咳やくしゃみでも。「椎間板ヘルニア」

背骨と背骨の間にあるクッション部分を「椎間板」と言います。

この椎間板がなんらかの原因で傷ついたりふくらんだりすることで神経が圧迫されます。それによって右・左足がしびれる事があります。

しびれ方は、電流が走るようなびりびりっとした鋭いもの。痛みにも近いですね。

咳・くしゃみでも足がしびれ、特に朝や座っている時に足のしびれを強く感じます。

1219

重たいものを持つ事が多い人、テニスや野球など腰をおおきく回す人、タクシーやトラック運転手など長時間運転する人などに多いです。

対処法としては長時間座り続けることや腰の負担となる無理な運動は避けること。

でも、個人で対処しようとするのではなく、整形外科などで診てもらい、電気療法やリハビリを試みるのがおすすめですよ。

けが・腫瘍・扁平足なら「足根管症候群」

足首のねんざや骨折の経験がある場合には、足根管症候群(そくこんかんしょうこうぐん)と言うものかもしれません。

また、くるぶし近くに腫瘍ができている事やへん平足が原因の事もあります。

1217

しびれは足の裏で、右足左足のどちらか、骨折やねんざをした方にしびれが現れます。

くるぶしの奥にある後脛骨神経が圧迫されるのが原因。

対処法としてはさまざま。

へん平足の場合にはインソールで足を浮かせてしびれを軽減させることができます。

腫瘍(ガングリオン)の場合には、その腫瘍を取り除いたり注射でつぶす方法が取られますね。

原因が分からない場合にはまず、病院で診てもらうのが一番の対処法ですね。

 

じわーっとしたしびれや痛み

じわじわっとした痛み・しびれの場合には、足以外の部分の関節が原因であることが多いです。

腰の関節の影響

腰の関節(仙腸関節・椎間関節)を痛めた場合に、その関連で足がしびれる事があります。

この場合にはじわっとした鈍いしびれや痛みが特徴的。

右足や左足、それぞれに症状が現れますが、どちらかというと上のほう(お尻・太もも裏・ふくらはぎ)がしびれがちです。

対処法として骨盤や腰椎の調整を行います。普段から姿勢が悪い人は、姿勢の矯正が必要。

1218

ただ、妊娠中や産後、重たいものを持った等、一時的な事が原因の場合には、悪化させないよう注意しておけば、対処法なしでも自然に治る事もあります。

 

そのほか

他にも足のしびれの原因はいろいろあります。

脳梗塞

右足か左足、片側だけの足先がしびれる場合には脳梗塞の危険も。

このしびれのほかに失語症や言語障害などがある場合には早めに病院に行くようにしましょう。

バージャー病

喫煙者で、足の先がぴりぴりと痛んだりしびれたりする時は、バージャー病というものかも。

ほかに、足が冷える、足の色が青白くなる、腫瘍ができるなどの症状があります。

糖尿病性神経症

糖尿病の症状が悪化すると、足の指先や裏がしびれます。

針で刺すような痛みやじりじりとしたしびれが次第に体の真ん中へ広がっていきます。最終的には感覚がなくなり、けがをしても気がつかなくなってしまう事もあります。

右か左、どちらかからしびれがはじまることがほとんど。

 

終わりに

足のしびれについて、原因を色々見てきました。

対処法としてはやっぱりそれぞれの原因を取り除く事ですが、不安な場合には医療機関で診てもらうのが一番。

しびれについては整形外科が専門になります。

気になる右足や左足のしびれは長引かせず、はやめに治してしまいましょう!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事