胃が痛い。背中も痛い。そんな二つの症状が出ている場合には、もしかしたら原因は病気かもしれません。

今回は胃と背中、両方に痛みが出ている場合に考えられる病気や原因、それに対処法や治療法について診ていきます!

 

胃・背中の両方が痛い原因

胃痛のほかに背中の痛みが出ている場合には、その痛み方がどんな感じかによって、原因の病気を判別できる場合があります。

  • 胃痛の延長(背中左~中心)
  • 十二指腸潰瘍(背中鈍痛)
  • 腎盂炎(叩くと痛い)
  • 胆のう炎(右背中)
  • 膵炎(左背中)
  • そのほか

それぞれについて、原因や症状、対処法を見ていきましょう。

背中の左~中心なら「胃痛の延長」?

背中の痛みが左から中心に集中していて、かつ胃も痛いのなら、背中痛は胃痛のせいかも。

0806

意外ですが、胃が痛くなると、背中が張ったり肩甲骨の内側が痛くなったりすることがあるのです。

なので、胃・背中の痛みというよりは、胃痛の原因を探ることが大切です。

食事の際に痛むのなら胃潰瘍かもしれませんし、胃炎、胃痙攣、下にある十二指腸潰瘍が原因かもしれません。

一応、下の記事も参考になるかもしれません。

 

背中の鈍痛があれば「十二指腸潰瘍」

十二指腸は胃の出口のところにあり、実は背中の方まであるのです。

なので、十二指腸潰瘍が原因で、胃の痛みとともに背中まで痛む症状が出てくることがあります。

1122

特徴は、空腹時の激しい痛みや、胃の近く・背中・みぞおちなどの持続的な鈍い痛みなどになります。

そのほか胸やけ・食欲不振・お腹の張りが症状にあります。

十二指腸潰瘍になる原因は、一番大きいのはストレス、そのほか「非ステロイド性抗炎症薬」といった薬がきっかけになることもあるそうです。

治療としては止血剤の注射、レーザー治療などが主で、症状が重い場合には手術を行う事もあります。

対処法としては、ストレスの解消、アルコールや香辛料を避ける、コーヒーやお茶などカフェインの摂取を減らす、腹八分目などが大切になります。

同様の症状で、胃潰瘍もあります。

参考:胃潰瘍の原因と症状・対処法などまとめ

 

背中を軽くたたくと痛む「腎盂炎」

胃の痛みに加えて、「背中を叩くと痛い」と言う場合には腎盂炎という病気の可能性もあります。

1330

腎盂炎は、腎臓の中央あたりに細菌が侵入することが原因で、炎症が起こる病気です。

背中が痛い、特にわき腹にかけて背中近くを叩くと痛い、というのが特にひどく、胃の痛みは軽く、でも長く続くことが多いです。

そのほかには発熱・悪寒・頻尿などの症状が出ます。

治療には抗生物質によるものが主で、1~2週間ほどで改善するのが普通です。

対処法としては、まずは病院で診てもらう事、その上で安静にし、体を温め、水分補給を心がけるようにしましょう。

 

右背中が痛いなら「胆のう炎」?

胃の近くが痛いとともに、右の背中や肩に痛みが広がっている場合には「胆のう炎」などが疑われます。

冷や汗が出るほどの激痛で、悪寒があることも。

884

細菌の感染が直接の原因です。

胃ではありませんが、胃の近く(みぞおち)が発作的に痛くなり、右の背中が響くように痛い、尿が茶色くなる、と言う場合には特に、胆のうに関する病気が原因です。

胆石がある場合などは命にかかわったり手術を行ったりすることも。

個人の対処法というよりは、まずは検査をおすすめします。

 

胃と左の背中が痛い場合には「膵炎」かも

胃からみぞおちにかけての痛み、左の肩や背中の痛みがある場合には「膵炎」の可能性もあります。

胃の近くを中心にして、左側が広く、激しく痛みます。

プリンチE

そのほか、食欲がなくなり、吐き気や嘔吐を感じる、発熱、みぞおち部分にしこりがある、前かがみになると胃と背中の痛みが和らぐ、などの症状があります。

原因としてはアルコールや脂肪分の多い食事が挙げられ、胆のうや胆石とも関係があることも。

治療としては鎮痛剤・抗菌剤・消化酵素薬などの投与、絶食し点滴をおこなう、などがあります。

対処法としては、アルコールを控えること、脂肪分の多い食事や暴飲暴食を避けることが必要です。

参考:膵炎の原因と症状・対処法などまとめ

そのほかの病気

胃&背中の痛みの原因は、下のような病気なども考えられます。

  • 胃がん・胃の疾患
  • すい臓がん・すい臓の疾患
  • 骨格や筋肉痛
  • ストレス
  • 狭心症(心臓疾患)

普段アルコールを多く飲む人や脂肪分の多い食事をしている人、そのほか精神的にストレスを感じている人と言う場合には、一度、病院で検査を受けてみるとよいでしょう。

参考:落ち込んだ時に!ストレス解消法・発散方法50個のまとめ

 

 病院に行く時は

胃が痛い、背中も痛い、という場合には、やはり病院に行くのがおすすめ。

何科に行けばいいかと言うと、「内科」「消化器内科」などが良いでしょう。背中と胃の痛みは基本的には内臓疾患です。

胃と背中の痛みについて医師に相談すると、おそらくまずは「胆のう炎」「膵炎」や「胃の疾患」に関する検査をすることになるでしょう。

で、もしもその二つで原因が分からない場合には、「心療内科」などが追加でお勧めされることもあります。胃の痛みが精神的なものである場合ですね。

 

おわりに

胃の痛みと背中の痛みが同時に出る時に考えられる原因と対処法について見てきました!

心当たりのあるものはありましたか?

なかなか治らなかったり、痛みがどんどんひどくなる場合には、やっぱり、早く検査をすることをおすすめします。

特にすい臓などは手術もできず、治療が難しいといいます。

背中の痛みは内臓からのSOSだったりします。胃が痛い、背中も痛い、と言う場合には一旦、自分の生活を振り返ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果