女性特有の病気はいろいろあります。

すべてを紹介することはできませんが、ここでは女性特有の病気について、いくつか、症状やその種類、かかりやすい年齢などについて見ていきます。

ちなみにこのページでは本当に簡単に紹介している程度なので、詳しく知りたい場合には、病院で検査などを行うようにしてくださいね。

 

女性特有の病気に多い症状

女性特有の病気に多い症状といえば、やはり月経に関することが多いです。

月経時の経血の増加やおりものの増加、経血にかたまりが混ざる、ひどい生理痛、下腹部痛……

乳房に関しては、しこりやいたみ、分泌物などの症状が現れやすいです。

そのほか、月経以外の時の出血やおりものの異常なども症状として多いです。

このうちの一つでも症状が現れた場合には、早めに産婦人科などに検査に行くようにした方がいいでしょう

 

女性特有の病気いろいろ

女性特有の病気として有名な病気とその症状についていくつか見ていってみましょう。

もっと詳しく知りたい場合や、不安な場合には、早急に専門機関を受診するようにしましょう。

あくまで参考程度にとどめておいてくださいね。

  • 子宮の病気
    • 子宮内膜症
    • 子宮筋腫
    • 子宮頚管炎
    • 子宮内膜症
    • 子宮膣部びらん
    • 子宮頸管ポリープ
  • 卵巣のう腫・卵巣ガン
  • 卵巣炎
  • 多嚢胞性卵巣症候群
  • 乳がん
  • 乳腺症・乳腺繊維線腫・高プロラクチン血症
  • 子宮頚管炎
  • 子宮内膜症
  • 子宮膣部びらん
  • 子宮頸管ポリープ
  • 更年期障害

このほかにも女性特有の病気はありますが、上に挙げた病気は特に、女性が発症しやすいものになります。

このうちいくつかの症状を見ていってみましょう。

子宮内膜症の症状

  • 経血量が異常に多い
  • 経血にレバー状のかたまりがある
  • 月経痛がひどい
  • 月経時以外の下腹部の痛み
  • 月経時以外の出血
  • 性交痛
  • 排便時に肛門が痛む
  • 子宮筋腫
  • 経血量が異常に多い
  • 経血にレバー状のかたまりがある
  • 生理時以外の出血
  • ひん尿・尿が出ずらい
  • 排尿・排便時の痛み
  • 長く続く腰痛
  • 下腹部のはり
  • めまい、たちくらみ、だるさ

特に、経血量が異常に増えることが特徴です。

また、筋腫ができる場所によって症状や痛みが異なり、場合によっては激痛を感じることもあります。

便秘やひん尿、尿が出にくいなど排便・排尿、腰痛などの症状が出ることもあります。

筋腫ができる場所によって、筋層内筋腫・漿膜下筋腫・粘膜下筋腫・多発性筋腫などに分けられます。

不妊・流産の原因にもなります。

子宮筋腫に関しては、成人女性の5人に一人がそうだといわれるほど、身近な病気です。

ブドウ球菌・結核菌といった細菌感染による炎症で、中絶や分娩時の傷、普段の非衛生的な性交が原因といわれています。

子宮頚管炎の症状

子宮頸部の炎症によっておこります。

おりものが急激に多くなる、腰痛、発熱、性交痛などの症状が出ます。

卵巣のう腫・卵巣ガンの症状

卵巣のう腫・卵巣ガンともに、卵巣の腫瘍(できもの)を指します。

違い・症状

良性のものが卵巣のう腫で約9割、悪性のものが卵巣がんで約1割をしめています。

初期はどちらも自覚症状がほとんどないため、わかりにくいのが特徴です。

あったとしても、お腹の張りや太ったかな、と感じるくらい。

その後、ひん尿や便秘、腰痛、下腹部痛などの症状があらわれてきます。

良性の場合には経過を見守ることになりますが、悪性の場合には、手術を行うこととなります。

年齢

卵巣がんに関しては、30代以降の閉経期の女性に多いです。

ただ、高齢の女性や10代の女性でも発症することがあります。

未婚・未産の場合や、親姉妹に卵巣がんの人がいる場合、肥満や糖尿病・高血圧・喫煙者等の場合にリスクが高まります。

乳がんの症状

主な症状は乳房のしこり、乳房のえくぼ、リンパ腺の腫れなど。

月経周期によって変化することはありません。

早期の段階では痛みはないものの、進行していく中で痛みを感じることもあります。

30~65歳女性の死亡数No.1の乳がんと、なんにしても検査をすることが大切。

早期発見をすれば多くが助かる病気です。

年齢

乳がんは40代以降に多くなりますが、20代の女性がなることもあります。

リスクが高い人は、初経が早かった、閉経が遅い、授乳をs田kとがない、親類家族に乳がんの人がいる場合などです。

 

乳腺症・乳腺繊維線腫・高プロラクチン血症

乳房に関する、女性特有の病気3つです。

乳腺症の症状

症状はしこりや痛み、腫れなどで、乳がんととてもよく似ています。

ストレスやホルモンバランスの乱れが原因と考えられています。

月経時に痛みが強く感じられるのが特徴です。

乳腺繊維線腫の症状

乳腺の部分にかたく、弾力のあるしこりが症状になります。

痛みがなく、乳がんと間違えられることもあります。

命にかかわらないものの、大きくなりすぎる場合には手術で摘出することも。

年齢は20~30代に多いですね。

高プロラクチン血症の症状

乳汁が出る病気で、薬(高うつ剤・睡眠薬・抗腫瘍剤)などが原因となることがです。

月経不順・無月経などの症状が出ます。

 

そのほか

  • 非特異性膣炎
  • 萎縮性膣炎(老人性膣炎)
  • 外陰炎・萎縮性外陰炎
  • バルトリン腺炎
  • 子宮下垂

など……。

 

おわりに

女性特有の病気についていくつか、見てきました。

有名なものだけでも、かなりの数があり、わかりにくくもありますよね。

しかし、だからこそもしかしたら……と不安になってしまうもの。

ここで挙げたのはあくまで一般的な知識なので、不安な場合や心当たりがある場合は病院などで検査をするようにしましょう。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事