きつい胃の痛みの「胃潰瘍」。

ストレスが原因ということでも知られていますね。

ここでは胃潰瘍の原因や症状、対処法について簡単に見ていきます。

 

胃潰瘍とは?

胃潰瘍は、胃の粘膜が炎症を起こし、粘膜がえぐられている状態です。

普段は胃を胃粘膜が守ってくれています。

しかし時に胃粘膜がうまくはたらかなくなると、強い酸性の胃酸が胃壁を傷つけてしまうのです。

ほうっておくと粘膜をえぐるのみではなく、胃に穴があいてしまうということもあり、実は危険な状態でもあります。

急性のものと慢性の胃潰瘍があります。

1119

胃潰瘍の原因

胃潰瘍の原因としては下のようなものが挙げられます。

  • 食べ過ぎ・飲みすぎ
  • 刺激物の食べ過ぎ
  • アルコール・コーヒー
  • タバコ
  • 過労・ストレス
  • ピロリ菌に感染
  • 鎮痛剤
  • そのほかの病気

何度も胃潰瘍が再発する場合には、ピロリ菌感染が疑われます。

鎮痛剤が原因とは、「ロキソニンS」や「バファリン」など腹痛の痛みどめなどで、胃潰瘍になることもあります。

ストレスがあり、腹痛になりやすいからといって痛み止めを常用していると、胃潰瘍になりがちです。

食事や飲み物のとりかたによっても、胃潰瘍になってしまうことがあります。

具体的には刺激的な香辛料を多く使った料理、熱い・冷たいものの取り過ぎ、そして暴飲暴食など。

食習慣が乱れている場合には、これを期に改善してみてはいかがでしょうか。

1105

胃潰瘍の症状

胃潰瘍の症状は下のようなもの。

  • 腹痛(みぞおちから左へ)
  • 胸やけ・すっぱいげっぷ・吐き気
  • 吐血・下血

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

腹痛(みぞおちから左へ)

胃潰瘍の一番の特徴は腹痛。

痛む場所はみぞおちから左側にかけての鈍い痛みで、食後や食事中に痛みを感じることが多いです。

ただし、人によっては痛みを感じず、違和感ていどのこともあります。

この場合には、胃潰瘍で胃に穴があいてから気づく人もいます。

さらに、この腹痛は背中・腰の痛みにまで広がることも。

胸やけ・すっぱいげっぷ・吐き気

胃潰瘍の次の症状は胸やけすっぱいげっぷ、吐き気、嘔吐、そして食欲不振です。

胃の中が胃酸過多になり、食堂に逆流したり、胃潰瘍によって、胃の働きがうまくいかず、吐き気やおう吐が起こってしまいます。

そうして食欲がわいてこず、体重減少がみられることも。

それぞれはささいな症状に見えますが、胃潰瘍の症状としては大切な点です。

吐血・下血

血を吐いたり、血の混じった便が出たりするのも、胃潰瘍の症状です。

この場合は、胃潰瘍のできた部分の血管が破れ、出血が起こっています。

便に血が混じるのは胃潰瘍の他、大腸がんや胃がんの症状でもあるので、この症状が見られた時は検査が必要です。

1080

胃潰瘍の対処法

胃潰瘍の治療は、主にによるもののほか、出血部分の止血や切除、そのほか手術を行います。

なので、胃潰瘍が疑われる時には病院など専門機関の受診・検査が必須です。

最近では薬での治療で完治しやすく、手術を行うことは少ないとのこと。

そのほか、食事量を少なめにし、コーヒー、アルコール、炭酸飲料、肉や高脂肪、かんきつ類、香辛料を避けるようにします。

食事は消化によく、低脂肪なものがよいでしょう。

具体的には牛乳や卵、大豆、白身魚などがおすすめです。

そのほか、ストレスが原因である場合には、その解消も大切です。

参考:落ち込んだ時に!ストレス解消法・発散方法50個のまとめ

 

おわりに

胃潰瘍の原因と対処法、症状などについて見てきました。

胃潰瘍は実は身近な病気で、生活習慣の乱れで発症することも少なくありません。

特に、普段から腹痛がある人は痛み止めを服用してしまい、それが原因で胃潰瘍になることも。

ほうっておくと悪化するばかりなので、病院での検査を早めに受けるようにしましょう。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果