0621

自宅でジェルネイルを行う時に欠かせないのが、硬化するためのライト。

ライトといってもUVライトとLEDライトがあり、さらにはペン型のライトもありますね。今回はそんな色々あるネイルライトの選び方やおすすめのものを紹介します。

 

LED・UVライト選び方

ネイルのLEDライトやUVライトは色々あって、どれがおすすめなのかわかりにくいですよね。ただ、どれも一長一短があるので、自分に合ったものを見つけることが大切です。

 

例えば、UVライトは昔からあるもので、比較的値段が安く、さまざまなジェルネイルに対応しています(UVライトかLEDライト、どちらかでしか固まらないネイルもたくさんあります、固めたいネイルがある場合にはチェックが必要)。

 

ただ、その一方で硬化するまでの時間が長かったり、多めの電力がかかったりしてしまう点も。消耗品でもあります。

反対にLEDライトは硬化時間が短く、電力が余りかからないものの、価格は少し高め。

ワット数に関しては、UVなら36W、LEDなら12Wくらいのものがおすすめですよ。

 

また、据え置き型のものでは一度に多くの指を素早く硬化させられる一方で、懐中電灯のようなペン型は、コードレスで旅行やお出かけのネイルのために持ち歩くのに便利です。

 

おすすめのネイルライト

それでは、実際におすすめのネイルライトを見ていきましょう。

 

おすすめ NO.1

0616

CosmeD.NYスペシャルUVライト
¥ 7,500 → ¥ 2,980

36W、UVライト、硬化時間は約1分。
最近はUVライトが主流とはいえ、おすすめはこちらのUVライト。
口が大きいので光が漏れてしまうのが難点ですが、一度に5本指が入る広々とした口は使いやすい。
UVライトなので少し電力がかかり、また肌がすごく敏感な方は注意が必要かも。
ただ、値引きされており、現時点では非常に安い。
Amazonレビューでは賛否両論ですが、一度買う価値はありますよ。
ちなみに、ネイルの専門学校に通っている友人の多くがこれを使っています。

 

 

LED・高性能なら

0617

USpicy 新月形マニキュア液ドライヤー

¥ 12,999 → ¥ 5,099

LED・UV両用、18W、硬化時間は30~90秒
値段は上のものよりも少し高めですが、性能的におすすめなのはこちら。
LEDのため、硬化までの時間が非常に短く、ネイルの種類によっては10秒で硬化できる事も。
タイマーも付いており、忙しいときにも便利です。
少し大きめですが、奥行きは上のものと比べると浅めですかね。
元の値段が高めなだけあって、性能はほぼ申し分がなく、肌にも優しいです。
「LEDライトがいい」「値段よりも性能を重視する」という場合にはこれが最もよいですよ。

 

 

★ スペース的にもコンパクトなものが良い場合には同ブランドの下の商品がおすすめ。

0618
マニキュア用ネイルドライヤー
¥ 7,899 → ¥ 4,099

12W、LED、硬化時間は30秒~60秒。
少し発熱しやすく、奥行きは狭いですが、
性能は非常に優れています。
値段もお手頃。
上の商品の小さい版のような感じですね。

 

ペン型ネイルライト

ペン型ライトなら

0620

UV-LEDハンドライト(12灯)ペン型
¥ 2,360 → ¥ 1,380

UV・LEDライト、硬化時間は30~60秒。
コードレスで持ち歩くように買うならこちらがおすすめ。
このタイプの中では高性能で、短時間の効果が可能です。
ただ、指を一本ずつ硬化させるのは面倒で、結果時間がかかってしまうので、
値段的にも、メインの据え置き型を買う事をおすすめしますよ。
旅行先にもっていく場合や外でネイルをする人、一本ずつ細かく修正をしたい人向けです。

安さで見るなら

0619

ジェルネイル用UV・LEDライト
¥ 780

UV・LEDライト。
とにかく安いです。サイズも小さめ。
ただ、一部のマニキュアが固まりにくい、
硬化に時間がかかることもあるなどの少し難点もあります。
試しに硬化ライトを買ってみたい、子供用にという場合に買ってみるといいかも。

 

★ちなみに、ネイルのペン型ライト全般にいえるのが「電池」の重要性です。
普通の電池でなかなか硬化がうまくいかない場合には、電池を有名なメーカーのものなどに変えてみると、性能が高くなるという裏技もあります。

 

 

いかがだったでしょうか、自分に合いそうなネイルライトは見つかりましたか?

ネイルライトは結構高いものが多いですが、通販の方ではセールで安く手に入れられます。これ、と思ったものがあったらぜひ手に入れて、使ってみてくださいね。

 

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果