0029

結婚といえば、人生の中でも特に大きなイベントですよね。

今まで自分一人で歩んできた人生に、パートナーという新しい家族ができる、多くの女性にとって皆に祝福される「結婚式」やウェディングドレスにはあこがれるものでしょう。

しかし、今までは当然ですが、相手の男性がいなければ結婚式を挙げることができませんでした。それが最近女性一人でも結婚式をあげられるサービスが生まれてきたのです。

その独身、特に40歳前後の女性を狙ったサービスの名前は「ソロウェディングサービス」。

名前の通り、恋人がいなくても、結婚を誓った相手がいなくてもたった一人で結婚式を挙げるのです。より簡単にいうのなら、「ウェディングドレスとブーケを持って写真を撮る」サービスです。

 

利用するのは、過去に失恋をした人が多い

このサービス、多くの方にとっては「そんなのむなしいだけじゃないか」と感じられるものかと思います。

実際に利用している人がどんな人か見てみると、過去に相手がいたが今はいない、というパターンが多いのです。

例えば、「婚約破棄をされて、その思い出から抜け出すため」や「離婚をした」という女性が多くソロウェディングを利用しています。そしてソロウェディングを通して、「自分を肯定的にとらえ直せた」と笑顔で語ります。ソロウェディングをすることで今まで追いかけてきた高すぎる理想をあきらめ、現実的な結婚を考え直す人もいます。

 

0030

 

サービスへの意見は賛否両論

個人的には否定的な意見ばかりかな、と思っていたのですが、意外と肯定的な意見もあります。

まずソロウェディングに否定的な人は「そんなのむなしいだけ」「写真を撮っても誰にも見せられない」と言い、意外と既婚の女性よりも独身の女性の多くが「一人で結婚式とか嫌」と話しています。

反対に肯定的な人は、「ウェディングドレスを着て写真を撮るくらいいいじゃない」「今の時代、一人で結婚式を挙げてもいいじゃない」となんだか楽観的。既婚の女性が肯定的で、中には「○○年前にこのサービスがあったらよかったのに!」と、自分の若いころに利用してみたかった、という声も。

男女別で言うと、やはり男性にはソロウェディングが理解できない人が多いですね。

 

ソロウェディングサービスとは具体的に何をするのか

さて、このサービスでは、実は2日間をかけてじっくり、結婚式の準備をします。

まず一日目には、コーディネーターが迎えに来て、撮影で着るドレスを選び、ブーケを作ります。そして、サービスが指定したホテルに泊まります。

そして二日目に、ヘアメイクをし、撮影、で終わりです。

ブーケはフラワーデザイナーが、ヘアメイクなどはプロの人がやってくれ、ホテルに宿泊することから本物の結婚式さながらの待遇を受けることができます。

特徴的なのは、コーディネーターの女性がとにかく利用者を褒めること。ドレスの試着、ブーケ作り、そして撮影まで、コーディネーターは良いことのみ言い、利用者の気分をよくすることに徹底します。

 

価格は最低でも30万円

このような新しいサービスで気になるのはやはり料金体系。やはり、高い価格なのかと心配ですよね。

現在このサービスを提供している一社を見ると、価格は最低で「30万円」とあります。下に用意されている価格と詳細を並べてみましょう。

 

30万円:オフシーズンで通常のプラン。(オンシーズンは+2万円)

34万円:オフシーズンで、和装。(オンシーズンは+2万円)

45万円:プレシャスプランと言い、高額なプラン。ウェディングドレス・ブーケ(生け花・オーダーメイド等)の選べる範囲が広がり、宿泊する部屋のランクも上がる。

 

さて、この料金表を見て、安いと感じますか? それとも高い?

個人的な意見としては少し高めだと思いますし、ネットでも「高すぎ」という声が多くあります。この30万円でどこかに旅行に行ったり、この先の結婚式に備える方が賢明ではないでしょうか。

ただ、コーディネーターがとにかく褒めてくれる、ブーケやメイクは専門家が協力してくれる、ホテルでリッチな気分になれるなどの事を考えると、30万円払っても惜しくない、という女性もいるのでしょう。

 

一部では、「独身女性を食い物にした商売」といった厳しい見方もあるソロウェディングサービス。

まだ利用者は10人程度ですが、この先多くの女性に流行るサービスとなるのか、それとも需要がなく廃れていくのか……しばらくは様子を見ることになりそうですね。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事