今ではすっかり定着したガウチョパンツ。

そんなガウチョパンツにプリーツの入った「プリーツガウチョ」がこの春、流行りそうな雰囲気です。

今回はプリーツガウチョのコーデや着こなしのポイントを見ていきます。

 

自分に合ったコーデを

どんなコーデにしたいかを考えながらプリーツガウチョを選ぶとよいですよ。

 

春らしさならピンクがおすすめ!

春のコーデとしておすすめなのは、ピンクのプリーツガウチョ。上品な細いプリーツと女性らしいピンクは春にぴったりですね。

1180

1179

ピンクのプリーツガウチョは白のトップスと合わせると、とてもすっきりしてて可愛いです。甘めなら濃いめのピンクを、大人しさなら薄めのピンクを選びましょう。

1202

春は淡めの組み合わせが◎。柔らかい素材のプリーツガウチョなら、薄めのピンクがいいですよ。

 

春~夏にぴったり!白色

春から夏にかけては、白色のプリーツガウチョが人気になりそうですね。ピンクよりも柔らかく、より上品なイメージです。

1183

全身白でまとめるととても清楚な印象に。

 

1197

1186

比較的、どんな色でも合わせやすいのが白いプリーツガウチョのコーデの特徴です。着回しのためにもひとつ、いかがでしょうか?

普通のガウチョよりもプリーツの方が大人っぽく、スタイル良く見えます。

 

一年中着れるベージュ

プリーツガウチョでも普通のガウチョでも、一年中着られるのが「ベージュ色」。特にトップスを薄水色や灰色にするコーデは鉄板ですね。プリーツが入っている事でより上品に見えます。

1181

 

1191

 

トップスに濃いめの色をプラスするとピリっとします。プリーツガウチョでもカジュアルさを出したい場合におすすめ。

1192

1188

 

トップスをえんじにすると一気に大人っぽく! プリーツガウチョとハイヒール・厚底は相性がいいですね。

1196

 

差をつけたいなら赤のガウチョ

人とはちょっと違うコーデにしたいなら、赤いプリーツガウチョがおすすめ。エレガントで大人っぽ雰囲気になります。

1182

1195

赤のプリーツガウチョは白や黒のフリルのついたトップスと合わせるとぐっと大人っぽくなります。

 

そのほかの色いろいろ

黒のプリーツガウチョは上品で大人しそうな印象です。そのままだと暗い、しっかりした印象にもなりがちなので、トップスは柔らかそうなフリルのついたものを合わせるのが良いでしょう

1187

 

 

ライトグレーのプリーツガウチョは、エレガントすぎず子供っぽくない、上品な大人の方におすすめ。柔らかい素材でもぱきっとした素材でもスタイルがよく見えます。

1189

1193

 

サスペンダーがつくと一気にかわいらしさが増しますが、足元を青でしめているところなどがとてもおしゃれ。

1194

 

普通のスカートと同じように、黒系統でまとめあげるのもよいですね。

1199

 

こちらは夏むけコーデ。プリーツガウチョはプリーツの部分が涼しげに見えるので、夏は白との組み合わせがGOODですね。

1201

 

水色のプリーツガウチョ。夏のちょっと暑めの日に着たいコーデですね。

1200

 

 

 

「プリーツガウチョ」の選び方&着こなしポイント

プリーツガウチョをうまく着こなすために気をつけたいポイントは2つ。それは

  1. プリーツの細いものを選ぶ
  2. トップスは短めのものと合わせる

です。

1203

プリーツガウチョは普通のガウチョパンツと違ってプリーツがついているため、スタイル良く、すっきりとした印象を与えてくれます。

なのでプリーツの細いものを選んだほうがシルエットが細く見えるでしょう。

動いた時にもプリーツが細い方が動きがエレガントに、女性的に見えます。

1204

また、ガウチョパンツ全体に言えるのが、「トップスは短めのものを選ぶこと」。そうすることで足が長く細く見えます。

特に短めのジャケットなどはおすすめ。

長めのトップスと合わせるコーデもありますが、そうするとプリーツコーデの特徴である上品さやスタイルの良さが半減する可能性が高く、また足が短く見えることも……。

コーデに自信がある場合以外は短いものと合わせるのがポイントです。

 

おわりに

春や夏はガウチョパンツが本格的に活躍する季節。

今年はぜひ、プリーツガウチョで女性らしい、周りに差を付けたコーデや着こなしを楽しんでみてください♪


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事