1284

引っ越しをする時やエアコンが故障した時などには、エアコン・室外機を処分する必要がありますね。

今回は気になるエアコンや室外機の取り外し料金や処分費の相場について見ていきます。

 

エアコンの処分費・取り外し料金

エアコンの処分費や取り外し料金は、業者の種類によって、無料のところから数万のところまでさまざまです。

業者別に、なぜそんなに値段が違うのか見ていく事としましょう。(エアコン処分には、1)取り外し、2)リサイクル・処分費、3)そのほか運搬費のみっつがかかわるのが普通です)

引っ越し・工事業者の場合

引っ越し業者や工事業者の場合には、エアコンの処分費や取り外し料金は下のようになります。

  • 取り外し料金
    5,000円
  • リサイクル料金
    2,500~3,000円
  • 収集運搬料金
    4,000円

ということで、取り外しのみなら5,000円~8,000円、処分費は合わせて12,000円~15,000円くらいを相場としている業者が多いですね。こういった業者はあまり不用品引き取りをしたがらないので、やや高額の相場になっています。

また、引っ越し業者などはエアコンの取り外し、処分は専門外のため、トラブルも多く、あまりお勧めできません。

電気屋さんの場合

普通の電気屋さんの場合には、大体、

  • 取り外し料金
    5,000円
  • 処分費
    5,000円

で、取り外し料金は5,000円、処分までするなら10,000円といったところです。電気屋さんは運搬料金をとらず、市内無料サービスのところなどが多いです。

引っ越し業者と比べるとトラブルは少ないです。ガス補てんなどをする場合には7,000円ほど多く見積もっておくとよいでしょう。

廃品回収屋の場合

廃品回収業者の場合には、本当にピンキリですが、一般的には下のような相場になります。

  • 取り外し料金
    1,500~4,000円
  • 引き取り料金
    2,000円

個人の廃品回収の場合には車で移動しているところが多いので、運搬料金はなしのところが多いです。

ということで、個人の廃品回収の場合には4,000円~6,000円とかなり安いですね。

電気屋さんと比べるとトラブルもちょくちょくありますので事前の評判などを集めておくことをおすすめします。

業務用の場合には、10,000円くらいになります。

 

無料回収ってどう?

エアコンなどの家電製品を「無料回収します!」っていう業者いますよね。でも正直、無料ってとても怪しい気もしてしまいます。

結論からいうと、無料回収の業者の中にも良いところもあります。

こういった回収業者は、まだ使えるエアコンは中古としてリサイクル業者に売り、使えないものは、中に含まれている貴金属などを鉄鋼所に売ることで利益を得ています。

ただ、無料回収業者は使えない部分を不法投棄していたり、冷媒ガスを決まった方法で回収・廃棄しなかったりと法律的にアウトなところもあるので、気をつける必要があるでしょう。

変な業者に回収してもらうことは、不法投棄や環境破壊につながります。

1285

個人で取り外しする人も

男性や力に自信がある人は、個人で取り外す事も可能と言います。

必要なのは、上に書いたようにエアコンを持ち上げる力やそれなりの器用さ、工具など。

ネットで調べるとわかりやすい取り外し方がいろいろ載っているので、取り外し料金を節約したい人は参考にしてみてはいかがでしょうか。

作業をするときには、怪我をしないよう安全に気をつけてくださいね。

1277

終わりに

ということで、エアコンの処分費について見てきました。まとめると、

  • 引っ越し業者:12,000円~15,000円
  • 電気屋さん:10,000円
  • 廃品回収業者:4,000円~6,000円

といった感じです。

エアコンの取り外しは引っ越し業者の場合には大手でもトラブルが多いので、できるだけ評判の良い電気屋・廃品回収屋を選ぶと良いでしょう。

くれぐれも、ぼったくりには気をつけてくださいね。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事