授業中や会議中、静かな場面に限ってお腹の音がグウゥと鳴ってしまうもの。

別に悪いことはしていないのですが、お腹が鳴るとなんだか恥ずかしいですよね…。

今回はお腹の音ができるだけならないようにする&鳴るのを止める方法について、詳しく見てみましょう。

そのほか、お腹が鳴りにくくなる食事などについても見ていきます!

お腹の音が鳴らないようにする方法

それではさっそく、お腹がならないようにする方法についてみていきましょう!

背筋をまっすぐにする

学校やデスクワークをしているとつい、猫背になってしまっていませんか?

背筋が丸まっているとお腹に空気がたまり、ぐっと圧迫されてしまいます。

そのせいでお腹がより大きな音で鳴りやすくなってしまうのです。

お腹が鳴らないようにするには、背筋をまっすぐにして、空気がお腹にたまらないように心掛けてみてください。

お菓子や甘い飲み物を摂る

お腹の音をなりにくくするには、やはり何か口に入れることがおすすめ。

特に糖分を摂取すると血糖値が上がるので、空腹感が若干抑えられます。

休憩時間があれば小さなチョコレートや飴、グミなどをつまむのがおすすめです。

炭酸以外のジュースやこんにゃくゼリーなどもお腹が鳴らないようにするにはよいかも。

普通のお水だと、一時的には空腹感が減りますが、そのあとにギュルルウとお腹が鳴ってしまいやすくなります。

お腹を膨らます・腹式呼吸

お腹が鳴りやすくなる原因は、上でも書いたように、お腹に空気がたまってしまうこと。

なので、腹筋を使って呼吸をするようにすれば、空気がお腹にたまることなく、音が鳴りにくくなります。

腹式呼吸は下のような順序で行うとやりやすいです。

  1. 背筋を伸ばす
  2. 鼻からゆっくりたくさん息を吸い込む(お腹を膨らますイメージで)
  3. ゆっくり口から息を吐き出す(お腹をへこますイメージで)

お腹の音が鳴らないようにするコツは、2の吸い込んだ状態で数秒維持すること、それと吐き出す時はゆっくりを心掛けること。

いっそ鳴らしてしまう

いくら鳴らないように踏ん張ってもダメなら、いっそお腹を鳴らしてしまうのもありです。

誰かが大きな声でしゃべっているときや紙をめくる音などで騒がしいときに鳴らせば、お腹の音も目立ちません。

そのほか、鳴り始めの時にぐっとお腹に力をこめてへこませれば、音を小さくしたり、止めたりできます。

炭酸飲料はNG

朝食に限らず、炭酸飲料を飲むとお腹が鳴りやすくなります。

炭酸飲料を飲むとお腹が鳴りにくいようにも思えますが、実際はお腹はガスで膨らんでいるだけ。

お腹が張っているのに空腹感!お腹が鳴る!という状況になってしまいます。

気にしすぎない・ストレスをためない

お腹を鳴りにくくしたい…、そう思うあまり、ずっと神経をお腹に集中していませんか?

実はお腹のことを気にしすぎると、ますますお腹が鳴りやすくなってしまいます。

また、お腹が鳴るからか、沈黙の時間をストレスに感じている場合も要注意。

ストレスや緊張で、お腹の音が大きくなりやすくなってしまうこともあります。

その証拠に、家やくつろげる場所だとお腹の音が気にならないという人も案外多いそうです。

お腹が鳴りそうになったら「鳴りそう」と自己申告してみたり、気にしないようにしたりすると案外お腹が鳴りにくくなるものですよ。

それに、正直周りも、他人のお腹の音なんてそんなに気にしてないものです。

 

お腹が鳴らないような朝食

お腹が鳴る理由はいくつかりますが、やっぱり空腹という人が多いはず。

お腹が鳴らないように腹持ちの良い食事をするのも一つの方法です。

具体的には?

具体的にお腹が鳴らないようにするには、下のことに気を付けてみましょう。

朝ごはんはしっかり噛む

お腹をなりにくくするために、朝ごはんはしっかり噛んで、ゆっくり食べましょう。

朝は何かと時間がないですが、よく噛みもせず、水で流し込んだり、早食いをしたりするのは朝食の意味がないです。

腹持ちも悪いですし、空気を一緒に飲み込み、お腹の音も大きく鳴りがち。

朝はパンよりごはん

パンよりごはんの方が太りにくく、腹持ちもよいため、お腹が鳴りにくくなります。

パンの原料の小麦は米よりも血糖値があがりにくいもの。そして、血糖値が上がらないと人は満腹感を感じにくいです。

そのため、お腹の音をなりにくくするためには、パンよりもごはんを食べたほうがよいのです。

食物繊維を多くとる

食物繊維は消化するのに時間がかかり、お腹が鳴りにくくなります。

おかずを一品増やすだけでも、お腹の音をなりにくく抑えられます。

食物繊維を多く含むのは豆類、きのこ類、こんにゃく、イモ類、海藻類、バナナ、納豆などさまざま。

低GI食品を食べる

低GI食品というのは、血糖値をゆっくりあげてくれるので腹持ちがよい食品です。

空腹感を感じにくくなりますので、お腹もなりにくくなりますね。

このお腹をなりにくくしてくれる低GI食品には、下のようなものがあります。

玄米 そば ライ麦パン 春雨 栗 さつまいも きのこ類 大根 ナス こんにゃく りんご 肉類・魚介類 チーズ 卵 豆・海藻類

上のほかにも低GI食品はいろいろあるので、お腹をなりにくくしたい!、という場合にはsらべてみるとよいですよ。

ちなみに上で、「朝食はパンよりごはん」と書きましたが、お腹を鳴りにくくするには「ごはんより玄米」もおすすめですよ。

 

おわりに

お腹の音を成りにくくする方法について色々見てみました。

手軽にできそうなものなどはありましたか?

お腹の音がなりやすいのは悩みかと思いますが、これからもずっとつきまとう問題。

自分なりの方法でお腹の音をならないよう試してみてくださいね。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事