1603

寒い冬風から首元を守ってくれるマフラー。

でも案外、いつからつければいいのかって木になりますよね。

もちろん人それぞれではありますが、今回はマフラーっていつからつける人が多いのか、10月や11月はどうかな、ってことを見ていきます。

 

マフラーは何月から?

いつからつけるか、明確に決まっていなくとも、多くの人は11月からつける人が多いそうです。

関東では11月後半から・・・という人が多めですね。

反対に北海道や東北では10月初旬からマフラーをつける人もちらほら。

また、寒い日であれば11月の前半につけるという人もいるそうです。

11月に出しておくと安心?

いつからつけるかというと11月下旬が多いですが、実は結構11月の初めにも寒い日が続くことがあります。

特に、朝早く出勤したり、夜遅くに外を歩く場合には、他の人より、いつからつけるかは早まります。

出すのを忘れてた!、というのを避けるためにも、11月に出しておくと安心かも知れません。

10月につけるのは変?

周りの人がマフラーをつけてないと、「いつからが適切?」「まだ早いかな?」と思ってしまいがち。

でも、少ないとはいえ10月にマフラーをつけている人もいますよ。

事実、これを書いている今は10月ですが、マフラーを巻いている人を見かけました。

いつから、という区切りはないので、10月後半でも寒いと感じた日はつけていった方が風邪を引かず、良いと思いますよ。

 

気温的には「13℃~10℃」以下

マフラーをいつからつけるか。気温で考える人もいます。

いつからかというと、最高気温が「13℃~10℃」になるくらい。

最低気温でいえば9℃以下のひとけたになったら、マフラーをつける人も増えてきますね。

急に冷え込むこともありますので、いつからということなく、10月でも朝が寒ければマフラーをつけるという人もいました。

「いつから」と決めず、朝窓を開けた時や外に出た時に風が寒ければマフラーを巻くという人も。

 

いつからマフラー巻くかは結構自由

結構マフラーをいつから巻くかはばらつきがあるようですね。

マフラーに関してはほとんどつけないという人もいれば、冬でも気まぐれでつけている人もいます。

冬用コートと比べると、先にマフラーを巻く人が多いようです。

マフラーを巻くかどうか迷った時は、「いつから」よりもつけたいかつけたくないかで決めた方が確かなようです。

ストールや秋用コートも

10月や11月は秋用コートやストールで寒さをしのぐ、という人もいました。

このような場合には、いつからというと、マフラーは12月からつけるとのこと。

朝や夜は冷え込みますが、昼間に主に行動する場合には、マフラーをつけるのは遅くなる人もいるようです。

 

おわりに

マフラーをいつからつけるのか、ということについて見てきました。

まとめると、下のような人が多いようです。

  • 時期は11月下旬からが多い
  • ただし10月・11月初旬からつける人も
  • 気温は10~13℃、最低気温はひとケタ

「いつから」と明確に決めている人は少ないですが、マフラーの準備をするときに、ひとつの目安にするとよいかもしれません。

ちなみにマフラーは早いと9月から売り始めるとのこと。

以上、マフラーはいつからつけるのかについてでした。参考になったならば幸いです!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事