日没のあとでも、まだ少し明るく、真っ暗闇ではないですよね。

今回は日没(日の入り)から夜のように真っ暗になるのは何分後か、ということについて見るとともに、東京の月ごとの記録を見てみましょう。

 

日没から暗くなるまで

日の入りをしてすぐに真っ暗になるということはなく、少し明るい時間があります。

一般的に、日没から暗さを感じるのは、40分後、完全に真っ暗になるのは1時間30分~2時間後となっています。

このあたりは個人差や季節、地方によってもやや異なってきますね。

もっと詳しく、日没から暗くなるまでを見てみましょう。

 

日没後の「薄明」

日の入りから真っ暗になるまでの時間を「薄明(はくめい)」といい、下の三つの段階があります。

  1. 市民薄明
  2. 航海薄明
  3. 天文薄明

それぞれの薄明の時間は緯度や季節によっても異なりますが、今回は一般的なものを見てみましょう。

1、日没~40分後:市民薄明

まず、一つ目の段階(市民薄明)は、まだ明るい時間帯。

日没から40分後までのことをいいます。

明かりがなくても外で活動ができる時間で、日の入りをしたとはいえ、真っ暗とは程遠い時間です。

日没後、夕方の名残が感じられる時間帯ですね。

2、40分後~1時間20分後:航海薄明

二つ目の段階は航海薄明。

日没から40分~1時間20分後までの時間帯を言います。

日没から40分を過ぎるともう暗さを感じ、徐々に夕方から夜に移っていく時間帯になります。

ちょうど水平線が見分けられるかどうか、という状況。

日の入りから暗くなってきた、と多くの人が感じるのはこの40分を過ぎた後の航海薄明のときになりますね。

3、1時間20分後~2時間後:天文薄明

最後の段階が「天文薄明」。日の入りからは1時間20分~2時間後くらいまでです。

あたりはすっかり暗くなり、もう夕方も終わり、夜が来た、といった時間帯です。

ただ、まだこの時は真っ暗闇というほどではなく、星は真夜中ほどには見えません。

それでも、子供が外で遊ぶのはやや危険なくらいの暗さはあります。

日没後に周りが暗くなった、というのを感じるのはこの天文薄明の時間(約1時間30分後)となります。

 

季節ごとに:日の入りから真っ暗まで

日の入りから夜のように真っ暗になる間の「薄明」の時間は上に書いたように、季節によっても異なります。

暗くなるまでが遅いのは「夏」

日没時間が遅いは、薄明の時間帯もやや長めです。

7月の初めなどは日の入りから真っ暗になるまでには約2時間もかかるといいます。

「秋」は特に早い

夏とは反対に、秋は薄明の時間が短く、日没から暗くなるまで早く感じます。

早い時には1時間15分ほどで周囲が真っ暗に感じることも。

特に、夏と秋は日没時間・薄明時間が急激に早くなることもあって、季節の移り変わりを実感しやすいのです。

「秋の日はつるべ落とし」ということわざにあるように、秋は特に、日没から間もなく暗く感じます。

1591

 

日没~暗くなる時間帯(東京)

最後に、東京を例に日没から暗くなるまでの薄明の時間帯について、月ごとに見てみましょう。

1月~10月は2016年のデータを、11月以降は2015年のデータを使っています。

1月~3月

1582

2016年1月~3月の日の入り→真っ暗:薄明終了の時間は下のようになっています。
()は日没から暗くなるまでの時間。

1月1日
16時38分→18時09分(1時間31分)

1月31日
17時07分→18時34分(1時間27分)

2月1日
17時8分→18時35分(1時間27分)

2月29日
17時35分→19時00分(1時間25分)

3月1日
17時36分→19時01分(1時間25分)

3月31日
18時02分→19時29分(1時間27分)

1月から3月までは、日没から暗くなるまでは1時間30分前後のようですね。

4月~6月

次は2016年4月~7月の日の入り→真っ暗(薄明終了)の時間です。
()は日没から暗くなるまでの時間。

4月1日
18時03分→19時30分(1時間33分)

4月30日
18時27分→20時02分(1時間35分)

5月1日
18時27分→20時03分(1時間36分)

5月31日
18時51分→20時37分(1時間46分)

6月1日
18時51分→20時38分(1時間47分)

6月30日
19時01分→20時49分(1時間48分)

4月から6月は、日の入りから暗くなるまでの時間がぐんぐんのびていく時期です。

7月~9月

2016年7月~9月の日の入り→真っ暗(薄明終了)の時間です。
()は日没から暗くなるまでの時間。

7月1日
19時01分→20時49分(1時間48分)

7月31日
18時46分→20時25分(1時間39分)

8月1日
18時46分→20時24分(1時間38分)

8月31日
18時10分→19時39分(1時間29分)

9月1日
18時09分→19時37分(1時間28分)

9月30日
17時27分→18時51分(1時間18分)

7月から9月は夏のまっさかりから秋に向かっていく季節。日の入りから暗闇までの時間が急速に縮んでいきます。

10月~12月

次は2016年10月と、2015年11月~12月の日の入り→真っ暗(薄明終了)の時間です。
()は日没から暗くなるまでの時間。

10月1日
17時25分→18時50分(1時間15分)

10月31日
16時47分→18時13分(1時間26分)

11月1日
16時46分→18時13分(1時間27分)

11月30日
16時28分→17時58分(1時間26分)

12月1日
16時28分→17時58分(1時間26分)

12月31日
16時38分→18時09分(1時間31分)

 10月~12月と秋から冬へ。冬は日没時間が早まりますが、暗くなるまでの時間はそんなに短くないようです。

データは下の2サイトからお借りしました。

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/dni/dni13.html

http://startide.jp/darksky/

 

終わりに

日没から周りが真っ暗になるまで何分かかるのか、月ごとや暗く感じるまでの時間について見てきました。

月ごとにみると、9月~10月にかけて、特に日没から真っ暗になるまでが早いようですね。

数字で見ると一年間でそこまで大きな差はなく、大体1時間15分~1時間30分くらいのようです。

何かの参考になったならば幸いです。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事