11月といえば、ちょうど季節の移り変わりで、服装にも悩みますよね。

今回は東京・大阪の地方別に11月の気温と服装について見ていきます。

 

11月の服装について

11月は東京・大阪ともに気温が下がり、秋物から冬物の服装へとうつっていく時期です。

1334

最高気温は20度→15度前後、最低気温は10度以下とすっかり寒くなるほか、気温変化が大きいので、風邪にも注意。

服装に迷ったら、とりあえず下の一覧を参考にどうぞ!

19℃・18℃
:暖かめの素材で重ね着。カーディガン・ストール・ニット・ジャケットや小物も。

17℃・16℃
:秋物コート・軽めのアウター+秋服

15℃・14℃
:秋物コート・薄めのアウター+冬服。重ね着。

13℃・12℃
:秋物・冬物コート+冬服・重ね着。ニット・ストールなどの小物も。

11℃・10℃
:冬物コート+冬服+厚めのタイツ・ソックス・ストール・マフラー。

9℃・8℃・7℃以下
:冬物コート・冬服・暖かインナー 厚めのソックス、マフラー、手袋、肌着、手袋、カイロなど必要に応じて。

朝晩の最低気温を基準に、風の強さ・日差しの暖かさなどとともに服装を決めていきましょう。

風が強い日には気温以上に肌寒く感じるので、重ね着や暖かめの恰好を心がけるとよいです。

また、11月中旬まではまだ暑さが戻ってくることもあるので、一応完全に冬の服装に移行しない方が無難ですね

東京・大坂の11月の服装について、より詳しく見ていきましょう。

>>東京へすすむ  >>大阪へすすむ

 

 

11月の東京の服装

東京では11月といえば、秋から冬へ気温が下がっていき、服装も冬服へと移っていきます。

10月と比べると、最高気温は20度を超える日がぐっと減るので、半袖は着られず、重ね着の服装が中心となります。

11月下旬には最低気温が1ケタになるなど朝晩が冷え込むので、そろそろ服装としては、冬用コートの準備をしたいところ。

2015年の記録を参考に、より詳しく東京の気温と服装を見ていきましょう。

11月前半の東京の気温&服装

11月前半の東京は、2015年には下のような気温でした。

最高気温
(高)22.9℃ ~(低)14℃
最低気温
(高)16.4℃~(低)9.5℃

東京も気温変化が激しく、寒いかと思ったら次の日には暑くなったり、という毎日。

気温や天気を見ながら服装を決めるとともに、風邪などにも注意が必要です。

晴れの日でも朝は意外と冷え込み、10℃前後になることもあるので、重ね着・暖かめの服装がおすすめ。

1642

雨・曇りの日には、朝の冷え込みはそうでもないですが、昼間にあまり気温が上がりにくいです。

具体的には、11月前半の東京は下のような服装が良いでしょう。

  • 冬服+軽めのアウター(秋コート)
  • カーディガン・ジャケット・セーター
  • 厚めのタイツ・ソックス
  • ストール・ニット・ダウンベスト
  • 暖かめのカーディガン・ブーツ

東京は風が強い日には特に寒く感じやすいので、ちょっと冬めな防寒の服装を心がけるとよいでしょう。

ただ、まだ暑さが戻ることがあるので、完全に冬の服装にうつるにはちょっと早いかもしれません。

11月後半の東京の気温&服装

2015年の11月後半の気温は下の通り。

最高気温
:(高)23.7℃ ~(低)11.5℃
最低気温
:(高)15.6℃~(低)3.9℃

特に11月下旬は最低気温1ケタの日が続き、本格的に冬が近づいている気温です。

晴れている日ほど朝晩は冷え込みやすいので、服装には要注意。

また、昼間も15度以下になるので、冬素材のインナーで、重ね着、服装のほか小物を用意しておきましょう。

具体的には、11月後半の東京では下のような服装がおすすめです。

  • 冬服+冬用コート
  • 厚めのインナー・タイツ・ソックス
  • ニットやセーター、ダウンベスト
  • マフラー・カイロ

11月下旬にはもう、完全に冬の服装になる方も増えていきます。

マフラーやカイロ、必要なら手袋などでも防寒を心がけましょう。

1592

 

 

11月の大阪の服装

大阪の11月はまだ暖かく、過ごしやすい日が多め。

特に11月の前半には25度になる日もまだあるので、服装は半袖と長そでを行き来する感じになりそうです。

後半の朝晩はやや冷え込むので秋用のコートに小物をプラスして寒さを防ぎましょう。下旬には冬用コートも必要になります。

それでは、2015年の記録を参考に、より詳しく大阪の気温と服装を見ていきましょう。

1619

前半の大阪の気温&服装

11月前半の大阪は、2015年には下のような気温でした。

最高気温
:(高)25.2℃ ~(低)15.7℃
最低気温
:(高)17.7℃~(低)8.7℃

一日だけ最低気温が1ケタの日がありましたが、他は朝も15度前後と、カーディガンか軽めのアウターでまだ大丈夫な日々が続きます。

最高気温はまだ20度を超える日も多く、日差しによって長袖か半袖かを決めるとよいでしょう。

具体的には、11月前半の大阪は下のような服装が良いでしょう。

  • 半袖・長袖・七分丈+カーディガン
  • ジャケット・ストール
  • 薄めのセーターや羽織るもの

朝晩・電車やバスの冷房を寒く感じることもあるので、どんな服装でも羽織るものを用意しておくと安心です。

後半の大阪の気温&服装

11月後半の大阪は、2015年には下のような気温でした。

最高気温
:(高)22.1℃ ~(低)12.4℃
最低気温
:(高)16.3℃~(低)6.1℃

大阪の11月後半は、特に気温が下がっていくので、服装も秋を意識して考えるとよいでしょう。

昼間の気温も20度を切り、日によっては12度と寒さを感じるので、長袖はもちろん、重ね着やニット、アウターなど秋の服装が必要。

1640

特に下旬には最低気温が1ケタと冬の服装の準備も必要です。

下のような服装が、11月後半の大阪では必要となります。

  • (中旬)長袖+秋用コート・アウター
  • (下旬)冬服+秋用・冬用コート
  • 厚めのタイツ・ソックス
  • ニット・セーター・ダウンベスト
  • (下旬)ブーツ、マフラー、ニット帽

中旬には秋用コート、下旬や寒さを感じる日には冬用コートと気温によって服装を変える必要がありそうです。

完全に冬の服装ではないですが、徐々に冬の小物や重ね着を取り入れていくのが良いでしょう。

 

終わりに

東京と大阪の11月の気温と服装について見てきました。

東京・大坂ともに、11月は秋から冬へとずんずん進んでいく時期となります。

特に大阪は、上旬には半袖+カーディガン、下旬には秋や冬用コートと一気に寒くなるので、風邪にも注意が必要です。

東京でも、日によって暖かかったり、寒かったり。朝、気温や風の強さを確認する事が重要。

11月になったら、秋・冬用の服装を出しておくと安心かも知れませんね。

以上、11月の服装についてでした。参考になったなら幸いです!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事