本格的な冬の12月、服装はしっかりとした冬服が必要になります。

今回は東京と大阪、それぞれの12月の気温と服装について見ていきます。

服装に迷った際に参考にしてみてください!

 

12月の服装について

12月は大阪・東京ともに本格的に冬に突入していきます。

最高気温は15度以下が多くなり、日によっては1ケタに。下旬には冬用コートが手放せなくなるほど寒さを感じます。

1592

12月の大阪・東京の服装に迷ったら、とりあえず下の一覧を参考にどうぞ!

17℃・16℃
:秋物コート・軽めのアウター+秋服

15℃・14℃
:秋物コート・薄めのアウター+冬服。重ね着。

13℃・12℃
:秋物・冬物コート+冬服・重ね着。ニット・ストールなどの小物も。

11℃・10℃
:冬物コート+冬服+厚めのタイツ・ソックス・ストール・マフラー。

9℃・8℃・7℃
:冬物コート・冬服・厚めのソックス、マフラー、手袋。

6℃・5℃以下
:冬物コート・冬服・暖かインナー。ファーコート・厚めのソックス・タイツ。マフラー、手袋・肌着・カイロなど必要に応じて。

基準は朝晩の最低気温で、外にいる時間が長い場合には、気温よりも暖かめの服装にするのがおすすめです。

12月の風が強い日には寒さが身にしみるので、マフラーなどで肌が出ないように心がけましょう。

また、12月の朝は晴れていると日差しが暖かいですが、気温は案外低い日が多く、油断は禁物です。

重ね着・冬用コートは前提として、追加で小物などで防寒をするのがよいですよ。

東京・大坂の12月の服装について、より詳しく見ていきましょう。

>>東京へ進む >>大阪へ進む

 

12月の東京の服装

1651

東京でも12月はどんどん気温が下がっていき、冬の服装になっていきます。

重ね着&冬のコートといった、本格的な冬を感じる服装の人も増えていきます。

特に朝晩の最低気温は5℃以下と、通勤通学の場合には厳しい寒さを感じることも。

2015年の気温を参考に、より詳しく12月の東京の気温や服装を見ていきましょう。

12月前半の東京の気温&服装

12月前半の東京は、2015年には下のような気温でした。

最低気温
:(高)11.7℃~(低)2.8℃
最高気温
:(高)24.1℃ ~(低)11℃

東京も最低気温はほとんどが一ケタ台で、5度以下になる日も少なくありません。

最高気温は一日だけ暖かい日がありましたが、基本的には11~13度とかなり寒く、しっかりした服装が必要。

特に晴れの日には、東京でも冬素材の重ね着など暖かめの服装を心がけましょう。

具体的には、12月前半の東京は下のような服装がおすすめです。

  • 冬服+冬用コート(厚め)
  • 暖かめのインナー・セーター・ダウン
  • 厚手のソックス・タイツ
  • ブーツ・手袋・マフラー

12月の東京は、本格的な冬を意識して、防寒の服装にします。

この時期には、半袖や薄い生地の服装はしまってもよいでしょう。

12月後半の東京の気温&服装

2015年の12月後半の気温は下の通り。

最低気温
:(高)9.6℃~(低)1.9℃
最高気温
:(高)17.4℃ ~(低)7.8℃

12月の中旬から下旬にかけては、より一層あたたかい服装がおすすめです。

1428

東京でも朝や夜は5度以下になることも多く、冬服・コートに、マフラーやマスクなどの防寒がおすすめ。

昼間も15度以下になることが多いので、外にいる時間が長い場合には、服装のほか、カイロや温かい飲み物を準備するとよいでしょう。

具体的には、12月後半・下旬の東京は下のような服装がおすすめです。

  • 冬服+厚手のコート+冬小物
  • マフラー・ブーツ・手袋・ニット帽
  • 冬素材の重ね着・カイロ
  • あたたかいインナー
  • 厚めの靴下・タイツ
  • 耳あて・ファーコート

風が強い日などは気温以上に寒く感じるので、首元や手などが冷えないよう、服装を工夫するのがよいでしょう。

 

12月の大阪の服装

大阪でも、12月は寒さを感じるようになりますね。

11月とは違って、暖かさを感じる日は少なくなり、徐々に秋服から冬服へと変わっていきます。

冬用コートや小物などを準備して、必要ならカイロなども持ち歩くとよいかも。

それでは、2015年の記録を参考に、より詳しく大阪の気温と服装を見ていきましょう。

1642

前半の大阪の気温&服装

12月前半の大阪は、2015年には下のような気温でした。

最低気温
:(高)14.1℃~(低)5.6℃
最高気温
:(高)18.3℃ ~(低)11.6℃

12月となると大阪でも15度前後の日が増え、少しずつ秋から冬へと服装を変えていくこととなります。

ニットやセーターなどのあたたかな素材の重ね着や厚めのソックスなどを用意しましょう。

朝や夜の気温は1ケタ台が増えますので、朝晩出かける場合には冬用コートの準備もおすすめです。

具体的には、12月上旬の大阪は下のような服装がおすすめです。

  • 冬服+冬用コート
  • 秋服+冬用コート
  • ニット・セーター・ダウンベスト
  • 暖かめのカーディガン・冬素材
  • (寒い日は)マフラー

秋服と冬の服装を組み合わせながら、寒いと感じた日にはマフラーなど小物も取り入れていくのが良いでしょう。

後半の大阪の気温&服装

12月後半の大阪は、2015年には下のような気温でした。

最低気温
:(高)13.3℃~(低)1.7℃
最高気温
:(高)15.9℃ ~(低)9.6℃

12月中旬から下旬はさらに冬が近づいてきており、朝晩の最低気温はほとんど1ケタの日が続きます。

朝晩に出かける場合にはファーコートや手袋・マフラーなどのあたたかい服装を心がけましょう。

最高気温も1ケタのこともあり、昼間に出かける場合にも冬の服装が絶対になります。

1652

具体的には、12月の後半には下のような服装がよいでしょう。

  • 冬服+厚めのコート
  • マフラー・手袋・マスク
  • 厚めのインナー・重ね着
  • あたたかい靴下・タイツ
  • ダウンコート・ファーコート
  • ブーツ

晴れている朝は特に気温が下がり、暖かい服装を心がけましょう。

外にいる時間が長い場合には、カイロなどで体が冷えないようにしてくださいね。

 

終わりに

東京と大阪の12月の気温と服装について見てきました。

12月といえばクリスマスに大みそかと外に出る機会も多いはず。

冬休みもあるので、旅行に行く方も多いかもしれませんね。

12月は本格的に冬となり、服装も一番暖かいものをチョイスするようにするのがおすすめです。

東京も大阪も風が強い日には特に寒さを感じやすいので、朝の様子を見てみて、服装を考えるようにしましょう。

特に晴れの日は日差しがあたたかくても気温は低くなりがち、服装のほかに、カイロやあったかい飲みものなどで防寒を心がけましょう。

以上、12月の服装についてでした。参考になったなら幸いです!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事