「ベジタブルブロス」って知っていますか? 略すると「ベジブロス」とも言います。

今回は話題のベジタブルブロスについて、ベジタブルブロスとは何か、作り方やレシピをまとめました!

 

ベジタブルブロス(ベジブロス)とは?

ベジタブルブロス(ベジブロス)とは野菜からでただしのこと。

だしというと、鳥や魚からとるイメージがありますよね。ベジブロスでは野菜の芯や皮、根などあまり使わない部分から作るので、ごみも減らせてしかもより健康に良い出汁を作ることができるのです!

普段は固形のスープで済ましてしまう、という人も、一度ベジブロスを試すと、意外な美味しさに病みつきになってしまうこともありますよ。

0170

(http://wol.nikkeibp.co.jp/article/trend/20130417/150722/?P=2&rt=nocnt より)

ベジタブルブロスの作り方

ベジタブルブロスの作り方はすごく簡単です。

普段野菜を使う時に捨ててしまう部分を、鍋の中に入れてしっかり煮るだけ! それでは具体的に作り方を見てみましょう。

材料(だしのもと)

・キャベツの芯
・大根の皮
・ショウガや玉ねぎの皮
・人参やごぼうのヘタ

などなど……。とにかく野菜であればOKです! 量は好みですが、はじめは両手いっぱいくらいあれば大丈夫。

(味を調える)

・酒大さじ1
・塩 ひとつまみ

 

作り方

1土を落とす

普段使わない部分は意外と土がついていることも。へたや皮についた土を水道水で落とす。汚れが落ちない時には、しばらく水に浸しておくといいですよ。

2野菜を煮る

大き目の鍋に材料をいれ、水を1,300mlほどいれ、酒と塩ひとつまみをいれ、火をつける。最初は中火、その後は沸騰しない程度に弱火から中火に保つ。

3スープから野菜を取り出す

30分~40分たち、スープが濃い色に変化したら、火を止め、野菜を取り出し、スープをざるなどで一度通す。すると余分な部分がとれて透明なだしの完成!

0171

(http://allabout.co.jp/gm/gc/416192/ より)

 

途中で強火にしたり、沸騰させたりするとだしが濁ってしまい、出来上がりがよくわからなくなってしまうので注意してくださいね。余分なものは入っていないので、冷蔵庫に入れれば二日間くらい持ちます。

ちょっとした一手間でいつもと違うおだしの完成! ぜひ一度作ってみてください。

 

圧力鍋を使うと……

このベジタブルブロス(ベジブロス)、圧力鍋を使うと時間を短縮することができます。

量によっても変わりますが、20~30分かかっていた煮込み時間が5分~10分に短縮することも。時間がないという人は、圧力なべを使って作ることをおすすめします!

当サイト人気の圧力鍋

 

パール金属 クイックエコ 3層底切り替え式圧力鍋3.5L H-5040

新品価格
¥3,670から
(2015/2/20 05:06時点)

おまけ:ベジタブルブロスを使ったレシピ

ベジタブルブロスをいつものだしと同じように使ってもおいしいですが、ベジタブルブロスならではのレシピもあります。下に、おすすめの参考になるベジタブルブロスのレシピを張っておきますね。

ベジブロスでカレー♡

ベジブロスで簡単うどん

ベジブロスで主役オニオンスープ♪

ベジブロスで手羽先と根菜の中華スープ

 

ぜひ、ベジタブルブロスでいつもとちょっと違った食卓を楽しんでください!

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事