916

ツアーコンダクター(添乗員)といえば、ツアーや修学旅行の先頭に立つ花形職業。日本中・世界中を飛び回り、様々な知識をもつその職業につきたいと憧れる人も多いでしょう。

その時に気になるのが語学、特に「英語スキル」。今回はツアーコンダクターと英語や語学について見ていきましょう。

 

ツアーコンダクターになるために英語は必要?

ツアーコンダクター、と一言にいっても種類は様々。国内担当の人もいれば、海外を飛び回っている人もいます。

英語に関して言えば、国内のツアーコンダクターになりたい!、という人は英語の力はそこまで必要ないです。案内する人も目的地も日本なので、心配はいりません。

ただ、海外に行くとなるとやはりある程度の英語スキルは必要です。

まず最初に必要になるのが、海外へのツアーコンダクターのための資格「総合旅程管理主任者」の試験のときです。この時には大体、英検2級程度の英語力が必要になります。

 

また、試験を乗り越えて実際に海外へのツアーの添乗員として働くようになると、より実践的な英会話が必要になります。

だいたい、日常会話くらいの英語の勉強は必要ですね。例えば旅行先で病人が出てしまった時には医療機関へ連絡しなければいけませんし、盗難などがあった場合には警察に届け出なければなりません。当然、飲食店での注文も英語です。

 

そのほか、海外に行くツアーコンダクターになりたい人にとって英語は出来ればできるほどよいものです。

英語が流ちょうに話せるというだけで、まずツアーコンダクターとしての評価が上がり、よりより仕事を優先的にまわしてもらえるようになります。もちろん、経験と能力に応じて給料も上がっていきます。また、その国の文化をより深く理解できるでしょう。

 

英語以外の語学はダメ?

語学といっても、「英語は苦手で…」という人もいるでしょう。その場合に、例えばスペイン語や中国語など他の語学でカバーしたいなあ、なんて思う人もいるかもしれません。

もちろん、多言語を話せるに越した事はありません。英語以外の語学が堪能だという事は、ツアーコンダクターになった後のあなたの評価をより良いものにするでしょう。他の人がひきうけられない地域のツアーを多く斡旋してもらえます。

でも、旅行業界に限らず、海外にかかわる仕事をする場合にはやはり、どうしても英語の力は必須になります。資格取得の時も、英語を使いこなせるに越した事はありません。

英語以外の語学ができることはもちろんあなたの強みの一つです。その長所を伸ばしながら、英語の勉強も頑張ってみるのがお勧めです。

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事