就職のために資格を取っておきたい。履歴書の資格欄が真っ白なのはいやだ。そう考えている文系大学生はたくさんいるでしょう。

今回は、これから資格の勉強をしようと思っている文系大学生へ、まずとっておくとよい3つのおすすめの資格を紹介します。

簿記(日商簿記)

簿記はお金の流れについて知る検定です。

1135

「簿記」というと経理志望の人が取得するイメージがあるでしょう。しかし、他の部署を志望していても簿記の資格をとっておいて損はありません。

例えば、営業や販売など、経理以外の部署に配属されたとしても、専門用語が必要になったり、あるいは自分の仕事がどのように会社のためになっているか、知るのに役に立ちます。

直接使わないにしても、簿記をとっておくと知識が増え、仕事へのモチベーションも高まる事でしょう。

文系の大学生の場合、数字が苦手な人も多いですが、それでもしっかり勉強すれば、簿記の3級や2級を取得できます。

 

簿記というといくつか種類があるのですが、一番メジャーな日商簿記をおすすめします。

日商簿記は3級なら1ヶ月、2級なら3ヶ月から半年ほどの勉強期間を考えておくとよいでしょう。

数字が苦手な人も3級から挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

秘書検定

秘書検定はビジネスマナーについての検定です。

1136

実際に仕事をする時に、先輩に教えてもらえないような基礎的なビジネスマナー、例えば電話対応のマナーや報告書の作成方法、お客様への対応方法などを学びます。

秘書になる予定がないにしても知っていて損はない、というより社会人なら知っていて当然と言われる内容です。

資格をとらないにしても、秘書検定のための勉強は社会に出てから多いに役に立ちます。就職を考えている文系の大学生にとってぴったりな資格といえましょう。

なので、社会人になる前、入社試験の面接などにも役に立ちますので、ぜひ取得しておくことをおすすめします。

3級、2級は筆記試験のみです。2級で約1ヶ月の勉強期間を考えておくとよいですよ。

 

宅地建物取引士(元・宅地建物取引主任者)

不動産・建築関係に関する知識を取得するための検定です。

1137

正直不動産には興味ない……、という人でも取得しておくことをおすすめしたい資格。

不動産を扱う場合には当然必須となってくるほか、
会社が宅建業の免許を取る場合には一定数(5人に一人以上)の宅建士資格保有者が必要になるので、会社は一人でも多く、宅建士の資格を持っている人を採用しようとします。

そう言う意味では、宅建士は就職や転職に強い資格です。特に建築関係や不動産業、金融関係、駐車場関係に求められます。

また、法律関係の知識を身につけることになりますので、具体的に役に立たないにしても、自分を高めたい人や就職を有利に進めたい人におすすめできる、人気の資格です。

文系、特に就活に自信がない……、と言う大学生はとりあえず宅建の資格の勉強を始めましょう。

 

勉強時間は半年くらいを考えておくとよいでしょう。

国家試験であるものの、他の国家試験と比べると難易度はすさまじく高いという事はありません。しっかり勉強することが大切です。

 

終わりに

文系の大学生におすすめの資格を3つあげました。

このほかにも「大切」といわれる資格はTOEICやITパスポート試験、マイクロソフトスペシャリストなどいろいろありますが、まあまあ、一度に欲張ってもなんにもなりません。

まずは秘書検定か簿記といった基礎的な自分の力になる資格や、宅建と言った就職に有利な資格の勉強を初めて見てはいかがでしょうか。

 

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事