1163

昨今人気があるまつげエクステ。

今回はまつげエクステの資格に興味がある人へ、資格の種類や取得までにかかる費用、それに資格取得後の開業などについて見ていきます!

資格に必要な費用 → 開業に必要な資格・免許 → 資格の種類 という風に見ていきます。かなり長いので必要ないところは飛ばしちゃってOK!)

 

まつげエクステの資格に必要な費用

1054

まつげエクステの資格を取りたいと思った時、必要になるのは基本、スクールに通う費用+資格の受験費用になります。

スクールの費用はまちまちですが、資格を取るくらい真剣に学ぼうと思うと50時間~200時間のコースで、授業料は30万~70万ほど。高いですね。(スクールによってはさらに教材費がプラスになることも)

ちなみにこういったスクールは、初心者向けなら1日のみ(2~3万円)のコースもあるとのことです。資格を取るのではなく、自分や友人だけで楽しむのならこれだけでも良いですね。

資格の受験費用は8,000円~25,000円ほど。

なので、スクールに通ってまつげエクステの資格をとろうと思うと50万は見ないといけなさそうです。

スクールによってはお金を絞り取る悪いところもあるそうなので、スクールを選ぶ時はくれぐれも慎重に!

 

まつげエクステで開業するまでの道のり

まつげエクステの技術でサロンを開業したい、あるいはアイリスト(アイデザイナー)になりたい、という場合には一般的に下のものが必要になります。

  • 美容師免許
  • まつげエクステの専門知識(+資格)
  • お金

美容師免許は絶対必要!

まず、まつげエクステの技術でお金をもらう場合には美容師免許が必須です。

1083

かつては美容師免許なしでまつエクが行われていました。しかし知識のない人間が施術したせいで健康被害が増え、現在ではまつエクのアイリストとなるのには美容師免許が必要になりました。

開業ではなく、サロンに勤める場合にも同様です。

なので、まつげエクステの技術で食っていこうと思う場合には美容師免許が必要になります。(美容師免許なしで営業し、逮捕された人もたくさんいます)

美容学校(昼間or夜間or通信)を卒業し、国家試験で合格しましょう。

 

まつげエクステの専門知識

また、当然まつげエクステの専門知識が必要になります。

1100

資格に関してはあとで4種類紹介しますが、内容的にはどれを選んでも大丈夫。国家資格ではなく民間資格なのでなくても大丈夫なのですが、あった方がお客様に安心してもらえます。

 

お金

また、開業を考えている場合にはお金も必要。

そもそも上に書いたように資格を取るためにも費用がかかるのですが、まつげエクステのサロンは美容院と同じく、保健所の指示に従う必要があります。

なので、個人サロンを開業するにしても、改築したり設備を整えたりするためにかなりお金がかかる事も。

 

まつげエクステの資格の種類

まつげエクステの資格は、日本で受けられる代表的なものは下の4つです。

  1. まつ毛エクステンション技能検定試験(日本アイリスト協会)
  2. アイスタイリスト資格検定試験(一般社団法人日本アイラッシュ美容協会)
  3. プロアイリスト検定(一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会)
  4. アイデザイナー技能検定(日本まつげエクステンション協会)

 

それぞれのかんたんな特徴

1144

 

  1. まつ毛エクステンション技能検定試験
    現在一番有名で、かつ受験資格に美容師免許(あるいは課程在籍者)を組み込んでいるなど、非常に良心的かつ信頼のおける資格と言えるでしょう。まつげエクステのアイリストとして営業・開業を考える方は取っておいて損はないと思われます。
  2. アイスタイリスト資格検定試験
    有名な割に公式サイトがないため、詳しい情報を知るためにはスクールなどに問い合わせる必要があります。
  3. プロアイリスト検定
    政府のお墨付きもあり、信頼は十分。また、プロアイリスト認定講師の資格があるので、ランクアップを目指す方は受けてみたいところ。
  4. アイデザイナー技能検定
    受験資格が少し厳しく、受験費用も高め。

 

では、それぞれを詳しく見ていってみましょう。(詳しい情報はURLからどうぞ!)

 

1、まつ毛エクステンション技能検定試験(日本アイリスト協会)

1160

http://www.eyelist.or.jp/kenteinew.html

一番有名な、まつげエクステの資格です。

元は「アイリスト技能検定試験」。2015年1月より現在の名前に変更されるとともに、受験資格や検定内容が変更されています。

合格者にはディプロマとライセンス証が発行されます。

資格は3級(サロンオーナーなどの技術提供を行わない人向け)・2級(一般アイリスト向け)・1級(より高度な技術者向け)とあります。受験者資格などは下の通り。

  • 3級
    受験者資格:満18歳以上 受験費:会員4,000円 一般6,000円
  • 2級
    受験者資格:満18歳以上かつ(美容師免許既取得者/美容師養成課程(美容学校)在学者/美容師養成課程(美容学校)卒業者)のいずれかに当てはまる者
    受験費:会員16,000円 一般22,000円
  • 1級
    受験者資格:現JEA個人正会員で2級ライセンス取得者かつ2級と同 受験費:会員16,000円 一般不可

卒業後、開業することも視野にいれ、2級と1級は美容師免許か美容師養成課程を修了する見込みのあることが受験資格になっていますね。

受験内容は3級が筆記試験、2級と1級は筆記実技試験になります。

 

2、アイスタイリスト資格検定試験(一般社団法人日本アイラッシュ美容協会)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(??)

ふたつめは「アイスタイリスト資格検定試験」。

受験内容は筆記試験と実技試験のふたつで、3級、2級、1級、認定インストラクター資格の4段階に分かれています。

が、日本アイラッシュ美容協会の公式サイトが見つからなかったので、受験資格などの情報が見つかりませんでした……。

現在も実施しているとは思いますが、日程が不定期との情報があるので、スクールなどで問い合わせてみた方が良いでしょう。

何か分かりましたら情報を追加したいと思います。

 

3、プロアイリスト検定(一般社団法人NEA日本まつげエクステ協会)

1161

http://www.eyelash-exte.jp/exam.html

日本で唯一、まつげエクステ技術について内閣総理大臣認証法人職業技能評価機構認定を受けている、とのことで、一応お墨付きです。

資格は3級(基礎的な技術)、2級(お客様に施術できるレベルの技術)、1級(トップクラスの技術)とプロアイリスト認定講師(店長やスクール講師ができるレベル)の4段階に分かれています。

合格者には認定証が授与されるとのこと。

受験資格は基本ありませんが、プロアイリスト認定講師の資格のみ、1級合格が必要です。

試験内容は学科試験と実技試験、認定講師はプラスで面接試験もあります。

受験料は3級は8,000円、それ以外は12,000円です。

 

4、アイデザイナー技能検定(日本まつ毛エクステンション認定機構

1162

http://www.jla-matuge.com/information/kentei.html

4つめはアイデザイナー技能検定。

資格はアイデザイナー(サロンレベルの技術)とトップアイデザイナー(トップレベルの技術)があります。

アイデザイナーは受験費が15,000円で実技試験と筆記試験、トップアイデザイナーは受験費が20,000円で実技試験と筆記試験、それにカウンセリングの試験があります。

受験資格について

  • アイデザイナー
    日本まつ毛エクステンション認定機構でおこなわれている「安全・衛生管 理士」認定資格が必要。
  • トップアイデザイナー
    アイデザイナー試験に合格し且つJLA個人正会員であること。

とのことで、受験費などを考えるとほかの資格よりもとるのにお金も時間もかかってしまいますね。

 

 

まとめ

上にのせたものをもう一度のせておきます。

  • まつ毛エクステンション技能検定試験
    現在一番有名で、かつ受験資格に美容師免許(あるいは課程在籍者)を組み込んでいるなど、非常に良心的かつ信頼のおける資格と言えるでしょう。まつげエクステのアイリストとして営業・開業を考える方は取っておいて損はないと思われます。
  • アイスタイリスト資格検定試験
    有名な割に公式サイトがないため、詳しい情報を知るためにはスクールなどに問い合わせる必要があります。
  • プロアイリスト検定
    政府のお墨付きもあり、信頼は十分。また、プロアイリスト認定講師の資格があるので、ランクアップを目指す方は受けてみたいところ。
  • アイデザイナー技能検定
    受験資格が少し厳しく、受験費用も高め。

さて、まつげエクステの資格や、かかる費用、開業までの道のりなどを見てきました。

個人的なおすすめの資格は日本アイリスト協会の「まつ毛エクステンション技能検定試験」ですが、スクールによっては違う資格を受ける事になるかもしれませんね。

資格をとるまでにはかなりお金がかかりますが、アイリストになりたい方は一度挑戦してみてはいかがでしょうか?

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事