顔の華やかさを大きく左右する目、そしてまつげ。

そんなまつげが少ない・短いと悩んでいる人にこそ見てほしい、まつげの悩みの原因と、長くする・長く見せる方法について見ていきます!

 

まつげが少ない・短い原因

1387

まつげが短かったり、少なかったりするのは、下のことが原因である可能性が高いです。

  • まつげが傷んでいる
    • アイメイク
    • うつぶせ寝
    • こすりすぎ
  • 遺伝
  • 加齢
  • ストレス・睡眠不足・疲れ

それぞれについて見ていくこととしましょう。

 

まつげが傷んでいる

普段はあまり気にしないものですが、まつげも傷んでしまうものです。

アイメイクのせいで…

1213

主な原因がアイメイク

まつげエクステはその重みでまつげを傷め、時に接着剤で炎症を起こし、まつげを抜けやすくしてしまいます。

ビューラーで引っ張るのもまつげを少なくしています。

また、マスカラやアイラインを落とす力が強すぎたり、クレンジングがしっかりしてなかったり……、ということでまつげが伸びにくく、短くなります。

普段メイクを頑張っている人ほど、まつげがいたみ、量が少なくなり、短くなるほか、細くなり、寂しい目元になってしまうのです。

こすりすぎなのかも。

目を、手でよくこする癖がありませんか?

こするのは目にもよくありませんし、それによってこすれるまつげにとっても負担をかけます。

こする癖がある場合には、意識的にやめるようにしましょう。

花粉症やアレルギーを持っている方は特に要注意です!

1318

まつげの傷み以外

女性でメイクをしている場合にはメイクが原因であることがほとんどですが、他にもさまざまな環境要因が考えられます。

遺伝も大きな原因

0683

まつげが短い・長い、それに量の多さは遺伝によるところが大きいです。

例えば、欧米女性と比べると、日本人女性は平均でまつげが1.3mm短いといわれています。

本数も日本人女性の方が1mmあたりの量が1本以上少ないのです。

また、欧米人の方がまつげが自然とカールしていおり、成長速度も日本人の2倍。

日本人女性の中でも、もちろん、量が多い少ない・長い短いは個人差があり、遺伝によるところが大きいのです。

加齢でまつげが…

年をとると体の不調が出てくるものですが、実はまつげも細く少なく、短くなってしまうものなのです。

1265

特に、若い頃からアイメイクを長年続けてきた場合には一層、加齢によりまつげが短く、少なくなります。

大体、40代前後に加齢によるまつげの少なさを感じるようになります。

若い方でも、高校生くらいから化粧をしている場合には、20代でもまつげがいたみ、短く、少なくなりがちです。

ストレス・睡眠不足・疲れ

栄養をとり、しっかり寝なければまつげは短く、量も少ないままです。

夜更かしを避けることはもちろん、体が疲れている時には素直に休み、ごはんでは栄養をしっかりとりましょう。

ダイエットもまつげを短く、少なくする原因です。タンパク質や亜鉛をしっかりとりましょう。

どれだけ美容をして飾っても、生活リズムが乱れていてはまつげの量は少ないまま、増えません。

参考:落ち込んだ時に!ストレス解消法・発散方法50個のまとめ 

 

「短くて少ないまつげ」が生まれつきなら…

まつげが短く、少なくなる原因を見てきましたが、心当たりのあるものはありましたか?

ここからは、今は短い・少ないまつげに悩んでいる場合の解決法を見ていきましょう!

エクステ・つけま・パーマなどを試す

1159

生まれつきまつげが短くて少ない!、と悩んでいる場合には、まつエク・つけま・まつげパーマなどの方法を試すのも一つの手です。

どれもサロンに行くほか、自分で行うもの(セルフまつげパーマキット)などがあります。

ただし、上に書いたようにまつエク・まつげパーマなどはまつげを傷め、より短く、量を少なくしてしまうこともあります。

なので、まつエクなどを試す場合には、同時にまつげをいたわることも忘れないようにしましょう。

 

まつげをいたわる生活をする

現在まつげがいたんでいるせいでまつげが短い・少ない場合には、まつげをいたわりましょう。そのためには下のことが必要。

  1. まつエク・パーマを一時的にやめる
  2. ビューラーを変える
  3. タンパク質・亜鉛を取り入れた食事
  4. しっかり眠る
  5. クレンジングに気を遣う
  6. まつげの美容液を試す

1、まつエク・パーマを一時的に中止

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段、まつエクやまつげパーマをしている場合には、ずばりそんな「おしゃれ」こそがまつげを短く・少なくしている可能性大。

そのため、短いまつげが成長するまで、まつエク・パーマを一時的にやめることが必要です。

またこれからエクステ・パーマをしようと思っている場合でも、ずっとエクステをし続けるのではなく、オフの期間も挟みましょう。

2、ビューラーを変える

1148

安いビューラーを長く使っていると、ゴムの部分が劣化し、まつげをいためやすくなります。

この場合にはまつげがあがりにくいばかりではなく、無駄な力がまつげにかかり、まつげが抜けて少なくなります。

自分に合ったビューラーを探してみましょう。

また、ホットビューラーを遣っている場合にも、パーマと同じく、まつげをいためやすいこともあります。

3、タンパク質・亜鉛を取り入れた食事

1299

まつげも髪の毛と同じく、食事と睡眠によって成長します。

ダイエット中などは特に栄養が偏った、体に悪い食事をしがちですよね。

短く、量の少ないまつげで悩んでいるのなら、タンパク質・亜鉛を摂るようにしましょう。

4、しっかり眠る

寝なければまつげは短いままです。また、量も少ないまま増えません。

忙しくても、夜更かしは避けて睡眠時間を確保しましょう。

1252

5、クレンジングに気を遣う

どうしてもメイクを落とす時にはごしごしこすってしまいがち。

しかし、こすりすぎは肌のみならずまつげにもダメージを与え、量を少なくしてしまいます。

また、クレンジングでしっかりまつげのマスカラなどを落とせない場合でも、まつげを短く、抜けやすくします。

クレンジングはまつげを長くするために重要なのです。

クレンジングはできるだけこすらないように気をつけ、マスカラやアイラインなどは落ちやすいものを選ぶようにしましょう。

ƒt?ƒŠƒ“ƒg

6、まつげの美容液を試す

最後に、短く、少ないまつげで悩んでいる人に注目されているのが「まつげの美容液」です。

まつげに美容液をつけるだけで、短かったまつげが長くなったり、少ないまつげの量が増えたり……。

個人差はあるものの、効果を実感できる人も多いそうです。

価格も高いものから安めのものまでいろいろですが、もしも短いまつげで悩んでいる、という場合には試してみてはいかがでしょう。

 

おわりに

まつげが短い、あるいは少ないという場合に考えられる原因と、長く見せる(長くする)方法について見てきました。

生まれつき短い・少ない場合にはメイクで長く見せることはできます。

でも、そのメイクのせいでまつげが傷んでしまうこともしばしば……。

一つずつ原因を解決して、まつげの短い・少ないという悩みをぜひ解決してください!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事