最近では髪が黒いのが流行、清楚系ということで髪が黒い人も多いですよね。

そこで今回は黒髪の人の、眉毛脱色についてまとめました。

黒髪+眉毛の脱色=??

最近の流行りは黒い髪+太い眉。

でも、黒い髪に黒い太眉だとなんだか雰囲気も重く、田舎っぽい印象になってしまいがち。
おしゃれさんなら大丈夫ですが、なかなか明るい雰囲気にならず困ってしまう事もあるのでは?

そこでおすすめしたいのが、眉の脱色。

黒い髪なのに眉毛は茶色?、と不思議に思う人もいるでしょう。

ただ、眉毛の脱色といっても明るい茶色にする必要はありません。ダークブラウン、あるいは少し色を薄めるだけでも、垢ぬけて見えるんですよ。

 

雰囲気を軽くしたいのなら

黒髪でも軽い雰囲気を出したい、あるいは垢ぬけた印象になりたいという人は眉の脱色がおすすめ。

ぼさぼさの黒い眉では冴えない風だったのが、色を少し明るくするだけでぐっと大人っぽく、垢ぬけて見えるものです。
少し明るめの眉は目を大きく、野暮ったさを少なくする効果があります。

むしろ、黒髪に脱色した眉だと、隠れたオシャレ、って感じでなかなかいいですよね。

 

派手すぎる脱色は禁物!

脱色が印象を明るくすると言っても、黒髪に目立つような脱色の眉はダメです。

赤っぽい眉や茶色の目立つ眉にすると、他の人には理解されないオシャレになってしまいます。

また、灰色になるような脱色もやめた方が無難です。
黒髪に灰色の眉は、年齢を高く、その人を老けて見せます。白髪のような印象を受けてしまうのです。

基本的に色はダークブラウンくらいにとどめておくのがベストでしょう。

 

黒髪の場合どこで…

茶髪の人は美容室で髪を染めるついでに脱色をする人もいますが、黒髪の人はどこですればいいか迷いますね。

基本的には、眉毛サロンにいって、眉毛を整えるついでに脱色・カラーリングしてもらったり、あるいは自分で脱色をしたりします。

もちろん、美容室で髪を切るついでにリクエストをしてもいいかもしれません(追加料金がかかるでしょう)

くわしくは「眉毛の脱色ってどうやるの?」の記事で書きましたので、よければどの方法を選ぶか見てみるとよいですよ。

自分でやる場合には、くれぐれも肌荒れ・失明に注意してください。一生残る跡になってしまう事もあるので、何があっても自己責任と思っておくとよいでしょう。

これを機会に、黒髪の人も眉毛を脱色してみてはいかがですか?

 


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果