野菜や果物を水につけておくだけでできる、デトックスウォーター。

手軽なものなので手作りする人が多いことでしょう。

しかし、自分で作ったものとなると保存期間や賞味期限がいつくらいなのか、どれくらい持つのかわかりにくいですよね。

今回は手作りのデトックスウォーターの保存期間・賞味期限がどれくらいなのかについて紹介します!

ちなみに、一般論なので、果物が痛んでいたり、明らかにおかしい時は、飲むのは避けてくださいね。

 

デトックスウォーターは「生もの」

デトックスウォーターというと市販のジュースのようなものをイメージしがち。

でも、デトックスウォーターは生の野菜や果物を使用しているので、「生もの」と考えた方がわかりやすいです。

ついつい冷蔵庫に置きっぱなしで……、となると、腐る可能性もあるので注意しましょう。

長持ちはしない

水につけているだけなので、漬肉とも違い、長持ちはしません。

デトックスウォーターには保存料といった薬剤は一切使っていないからこそ、体によく、効果的といわれているのですが、

保存料がない分傷みも早くなってしまいます。

作りっぱなしで飲むのを忘れていた、というのにはくれぐれも注意しましょう。

デトックスウォーターを作る場合にはこの事を念頭に置いておいてくださいね。

デトックスウォーターの賞味期限と保存期間

それでは、具体的に賞味期限と保存期間を見てみましょう。

デトックスウォーターの賞味期限

デトックスウォーターの賞味期限は最高でも「24時間」と考えた方が良いでしょう。

一応、40時間くらいおいておいても飲めない事もないですが、状態によってはお腹を壊してしまう事もあります。

あくまで自己責任です。(ブログなどを覗くと2~3日同じものを飲んでいる人もいる)

果物を水に浸してからデトックスウォーターができるまでは最低4時間かかります。

夜、寝る前に作ったのなら次の日のお昼まで、朝に作ったデトックスウォーターはその日の内に飲んでしまうように心がけましょう。

見た目・におい・お腹の調子と要相談

もちろん、すぐに腐る、ということはないので、見た目やにおいがおかしくなければ飲んでしまう、という人も少なくありません。

自分のお腹と、デトックスウォーターの状態とよく相談してくださいね。

ちなみに自分は、明らかにおかしい場合を除いて、いつのでも飲んでしまうことが多いです。

保存について

また、デトックスウォーターは保存についても注意が必要です。

基本的なことですが、デトックスウォーターは冷蔵庫の中で保存するようにしましょう。

外出する場合は

夏場には、外出の際に持ち歩いて外で飲もう、と考えている人も多いかもしれません。

ただ、常温のまま数時間持ち歩いていると品質が変化してしまう事も考えられます。

味が変わるばかりではなく、健康に害があることも。

それを防ぐために、

  • 直射日光を避ける
  • 高温になるところに放置しない

ということを徹底しましょう。

そのほか外で飲みたい場合には、

  • 職場の冷蔵庫を使用する
  • 水筒にいれ、氷をいれておく
  • 冷凍しておき、外で自然解凍させる
  • タオル・保冷剤を使い、冷やす

といったことを気をつけるとよいでしょう。

(参考:デトックスウォーターの入れられる水筒のおすすめ)

お手軽で安心なのは、冷凍しておいて、自然解凍、ではないかなと思います。

保存容器について

デトックスウォーターの容器(メイソンジャーやボトル)は何度も繰り返し使用することが多いです。

ただ、生ものをいれることになりますので毎回、しっかり洗いましょう。

心配な場合には、デトックスウォーターをいれる前に沸騰したお湯に入れ、消毒すると安全に保てます。

保存容器を清潔にしておかないと、賞味期限内で正しい保存をしていても、危険になってしまうので注意しましょう。

そのほか、二つ用意しておくと、急いでいる時でも安心してデトックスウォーターをつくころができます。

中身についても、24時間たったデトックスウォーターはもったいないですが捨ててしまった方が無難ですね。

 

中身は何度入れ替えられる?

デトックスウォーターの中身の果物や野菜は、コストがかかっている分簡単に捨ててしまうともったいないもの。

一応、中身の果物は、味が薄くなってしまうものの、2,3度は使い回しをすることが可能です。

しかし、何度も書いているように、生なので、使い始めて24時間以上たったものはもう使わないようにしましょう。

(参考:捨てるのはもったいない!デトックスウォーターを飲んだ後に残った果物の活用法)

使う場合には自己責任で!お腹の弱い方にはおすすめできません。

そのほか、ミントは特に傷みやすく、葉の色が茶色に変色してしまう事も。

色が変わってしまうと、味以上に見た目もあまりよくありませんよね。

ミントを使用してデトックスウォーターを作る時には早めに飲みほしてしまうように気をつけてください。

 

おわりに

デトックスウォーターはできるだけ24時間以内に飲み干すようにして、

基本は冷蔵庫などひんやりしたところに保存するようにしましょう。

水につけておくとどうしても、生ものということを忘れてしまいがちなので、注意が必要です。

明確な賞味期限はないのですが、果物の痛み具合と見た目、匂い、それにお腹の状況とも要相談です。

疲れがたまっている時などは体を壊しやすいので、避けた方が無難かも。

デトックスウォーターは基本手作りなので、迷うことも多いですが、参考になったなら幸いです。


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
どの天気が好き?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事