秋といえば栗、生栗!

自分でとってきたり、誰かから生栗をもらうことも多いでしょう。あまりにたくさんもらって食べきれない、なんてことも。

今回は生栗の冷凍保存の仕方と、解凍、それに簡単に生栗を甘く美味しくする方法について見ていきます。

 

生栗の冷凍保存の仕方

生栗を長く保存したい場合には、冷凍保存が一番。

大体、数カ月はもちます。

生栗の冷凍保存の仕方はさまざまで手間を惜しまなければ、とっても美味しくできます。

以下に、生栗の冷凍保存の仕方をいくつか紹介しますので、自分に合っている方法で保存してみてください。

1497

皮のまま冷凍保存

一番手軽なのは、生栗を皮のまま冷凍保存する仕方。

その名の通り、皮のまま保存袋(ジップロック)に生栗を入れて、冷凍保存します。

この時、袋を小分けにすると使う時に幾分、楽になるでしょう。

ただし、皮のまま冷凍保存すると、解凍する時にいちいち皮をむかないといけないので、とっても面倒。

時間もたくさんかかるので、あんまりおすすめできません(下で詳しく紹介しています)。

 

皮をむいて冷凍保存

一般的なのは、生栗の皮をむき、冷凍保存する方法。

この方法で行えば、解凍も楽で、冷凍焼けせずにしっとりとした生栗になります! また、解凍の際にもそのまま使うことができるので、とっても便利です。

まず、生栗の鬼皮と渋皮をむきます。包丁でむくほか、ピ-ラーなどを用いる方法もあります。

それから、下の手順で冷凍保存します。

  1. 皮をむいた生栗をザルにあけ、さっと水を通す
  2. 軽くざるを振って水を切る(軽くキッチンペーパーもOK)
  3. 保存袋に生栗と砂糖を入れてモミモミ
  4. 砂糖が軽くとけ、生栗全体に砂糖がかかっているのを確認
  5. 袋の空気をできるだけ抜いて、冷凍庫へ

砂糖は生栗の2割~3割程度の量で。袋を小分けにすると、少しずつ使う時に便利です。

水分で軽く砂糖が溶けているのと、生栗の全体に砂糖がまぶしてあるのを確認するようにしましょう。

生栗に砂糖をまぶさないと、冷凍焼けしてしまってパサパサになってしまったり、変色してしまったりするので注意が必要。

ひと手間を加えるだけで解凍・調理する時に、ぐっと楽になります。ぜひ試してみてください!

 

生栗を解凍して調理する方法

冷凍保存した生栗を解凍・調理する方法は、冷凍保存の仕方によっても変わってきます。

1498

皮をむいた生栗の解凍方法

皮をむいた状態で冷凍保存した生栗は、そのまま調理に使うことができます。

生栗をそのまま切るなり、炊飯器の中に入れるなりして大丈夫。

解凍するとふにゃっとしてしまうので、温める場合には、解凍しないでまるごと調理してOK。

砂糖でつけて冷凍保存した生栗は、砂糖がついたまま調理しても大丈夫ですし、甘さを控えたい場合は砂糖を軽く水で洗い流しましょう。

皮をむいていない生栗の解凍方法

皮をむかずに冷凍保存した生栗を調理する時は、まず皮をむき、それから調理します。

冷凍したままで良いので、この場合も解凍しないでOKです。

上に書いたように、冷凍した生栗の皮むきは包丁・ピーラー・専用の栗むき器などを使う人が多いそうです。

生栗は元々、水分が少ないということもあり、冷凍保存しても解凍しなくてよいのが嬉しいところですよね。

ちなみに、皮をむいていない生栗の解凍で皮をむく場合は時間がかかるので、時間に余裕を持って作業するようにしましょう。

 

おまけ:美味しく甘くする方法

ちなみに、生栗は0℃で保存することで甘みが増し、冷凍保存することで甘みを維持することができます。

そのため、冷凍保存する前に、1ヶ月ほど冷蔵保存すると、いっそう甘みが増して美味しくなります。

冷蔵庫にチルド・バーシャルという部分があれば、冷蔵はそこでの保存が好ましいです。

甘い生栗が食べたい場合は試してみてはいかがでしょうか?

 

おわりに

生栗の冷凍保存の仕方と解凍方法について見てきました。

生栗って普段はあまり調理しない分、冷凍・解凍の方法もどうやってやるのか案外知らないもんですよね。

特に、冷凍焼けしないために生栗を砂糖につける方法は、教えてもらわなければわからないもの。

ぜひ、生栗をうまく冷凍して、美味しく調理してください!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
一日何時間くらいスマホいじってる?

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事