4月の服装について気温と地方別まとめ【東京・大阪】

暮らし

桜が咲き、風も暖かくなってきた4月。

朝晩の肌寒さもなくなってきて過ごしやすい日が多いものの、気温によってはどんな服がちょうどいいか解りにくいですよね。

今回は4月の服装について、気温を参考に見ながら、東京と大阪の地方別の服装をまとめました。

 

4月の服装について

4月の東京と大阪は、幾分寒さも落ち着き暖かな陽気を感じられる日が増えてきます。

最低気温が10℃以下になる日は減り、下旬になるにつれ昼間は春コートがなくとも過ごせるようになるでしょう。

街を歩く人の服装も明るい色が多く、春の装いといった風です。4月の大阪・東京の服装に迷ったら、とりあえず下の気温一覧を参考にどうぞ!

気温別服装一覧
25℃以上 半袖。帽子や日傘・日焼けどめ
24℃・23℃ 半袖や七分そで。薄い長袖シャツ。電車の中で羽織る上着など。
22℃・21℃ 七分そでから長袖。半袖には少し寒いかも。
20℃・19℃ 長袖や薄手のカーディガン。雨の日はあたたかくして。
18・17℃ 長袖・カーディガン・重ね着。
16℃・15℃ 軽めのアウターの重ね着。カーディガン。春コート。
14・13℃・12℃ 冬物・春ものコート+冬服・重ね着。ニット・ストールなどの小物も。

服装の基準は、朝晩の最低気温と、昼間の最高気温。

通勤通学で朝晩に出歩く場合、上旬は春コートが必要ですが、下旬になると軽めのアウターやジャケット、あるいはカーディガンでもOKでしょう。

4月は春物コートのほか、カーディガンが重ね着、軽めのアウター活躍する日が多そうですね。

東京・大阪の4月の服装について、より詳しく見ていきましょう。

>>東京へ進む >>大阪へ進む

 

4月の東京の服装

4月の東京は、暖かさが増し、徐々に春コートでは暑さを覚える日も出てきます。

朝晩の冷え込みも落ち着き、通勤通学にも心地よい気温になります。朝晩は念のためコートが必要ですが、昼間は重ね着やカーディガン、日によっては七分そででも過ごせる日もあるでしょう。

2018年の気温を参考に、より詳しく3月の東京の気温や服装を見ていきましょう。

4月前半の東京の気温&服装

4月前半の東京は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 5℃ 15℃
最高気温 15℃ 26℃

最低気温が10度を下回る日もあるものの、凍てつくような寒さはおさまり、朝晩も過ごしやすい気温になります。

冬服やマフラー・手袋はもうしまってよいでしょう。春コートのほか、昼間は20℃前後になる日も多い為、脱ぎ着しやすいアウターやカーディガンの重ね着がおすすめです。

具体的には、4月前半の東京は下のような服装を軸にしてはいかがでしょうか。

  • 軽めのアウター・長袖・重ね着
  • 昼間だけ出歩く時にはコートなしOKの日も
  • 昼間は気温が上がるので厚着し過ぎると暑い

まだ七分そでや長袖だけで出歩くには肌寒いですが、4月の前のような冬の寒さはなく、頬を撫でる風も暖かく感じられるでしょう。

 

4月後半の東京の気温&服装

2018年の4月後半の気温は下の通り。

一番低い日 一番高い日
最低気温 10℃ 17℃
最高気温 15℃ 28℃

4月下旬になると最低気温も10℃を超え、暖かい日にはアウターのいらない日もでてきます。

通勤通学をする方は、朝晩の最低気温を基準に、薄手の服装を心がけると快適に過ごせそうです。日によっては七分そでや薄手のカーディガンなどの服装もよいでしょう。

具体的には4月後半の東京は下のような服装がお勧めです。

  • カーディガン・軽めのアウター・ジャケット
  • 昼間は七分そでで過ごせるほどの陽気になることも
  • タイツは徐々にストッキングに変わる時期
  • 冬物はしまい、明るい/軽い色合いの服装に

冬物はすでに仕舞っても良いでしょう。スカートにはストッキング・タイツのどちらでもそう不自然ではありません。

雨が降ると気温が上がりにくいですが、風の冷たさは和らいでいます。厚着するよりは軽い恰好をこころがけるのがポイントです。

 

4月の大阪の服装

4月の大阪は、東京と同様に暖かく、朝晩も過ごしやすい気温が続きます。

服装は春コートから軽めのアウターやジャケット、カーディガンなどがおすすめ。厚着をすると昼間に暑くて汗ばんでしまうので、出歩く時間帯によっては脱ぎ着のしやすいものを選びましょう。

やや気温は不安定ですが、中旬になればニットや冬物は徐々に仕舞ってよいでしょう。

それでは、2018年の記録を参考に、大阪の気温と服装を見ていきます。

前半の大阪の気温&服装

4月前半の大阪は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 6℃ 16℃
最高気温 12℃ 24℃

4月前半は寒い日もちらほらあるものの、昼間は20℃を超える等暑さを覚える日も出てきます。

全体的には暖かく、春の陽気を感じられる日が多いでしょう。特に晴れの日にはコートなしでも快適に過ごせそうです。

雨や曇りの日には気温が下がります。冬の名残の凍てつく冷たさはありませんが、一応風邪を引かないよう、重ね着やインナーを工夫するなど防寒を心がけて下さい。

具体的には、4月上旬の大阪は、下のような服装がお勧めです。

  • 長袖・七分そでの重ね着・ジャケット
  • タイツ、ストッキング
  • 雨・曇りの日にはインナーを暖かくするのがおすすめ

基本的には春服と考えてOKです。寒がりの場合には、4月らしく春の明るい色合いや軽い雰囲気の服装を選ぶのがおすすめです。

 

後半の大阪の気温&服装

4月後半の大阪は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 9℃ 19℃
最高気温 18℃ 25℃

4月中旬から下旬は昼間には25℃になる日もあるなど、本格的に春到来といった時期です。

朝晩も暖かく感じる日が出てきて、毎日過ごしやすいでしょう。冬物は仕舞い、軽い素材の春服やジャケットなどの服装が街で多く見られます。

雨や曇りの日でも気温が下がらなくなってきます。微妙な温度なので服装にも迷いがちですが、カーディガンやベストなどを羽織って調整しましょう。

具体的には下のような服装がいいでしょう。

  • カーディガン、ベスト、軽いアウター
  • 朝晩過ごしやすく、昼間は七分そででも過ごせる陽気に
  • タイツからストッキングに変える人も多い
  • 春服の軽い素材・明るい色中心

4月後半はそろそろ春コートをしまっても良い時期ですね。

春小物を使う時期でもあります。4月は桜や薄桃色をモチーフにしたアクセサリーもたくさんあるので、服装に彩りをかざるのも良いでしょう。

 

おわりに

東京と大阪の4月の気温と服装についてみてきました。

4月は入学や就職、引越しなど新しい環境になったばかりの人も多いはず。環境が変わった上に微妙な気温が続くので、どんな服装にしようか迷いますよね。

朝晩の冷え込みは少なくなりますが、念のため暖かめのカーディガンやアウターを用意しておくと安心です。

4月下旬になると昼間は特に暖かく、心地よいぽかぽかとした日が続きます。ニットの出番も徐々に少なくなって、長袖・七分袖・ブラウスにカーディガンなどの恰好でも過ごせるようになってくるでしょう。

以上、4月の服装についてでした。参考になったなら幸いです!



よく一緒に読まれている記事


最近よく読まれているページ