3月の服装について気温と地方別まとめ【東京・大阪】

暮らし

春めいた日々も増え、暖かな日差しが心地よい3月。

ただ、まだ完全に春というには少し肌寒く、日によっては服装には困ってしまいますよね。

今回は3月の服装について、気温を参考に見ながら、東京と大阪の地方別の服装をまとめました。

 

3月の服装について

3月は、東京でも大阪でも寒暖差が激しい時期になります。

暖かく感じる日も増えますが、20℃程になったかと思えば翌日には10℃以下になったりとまだ春コートや防寒具が手放せません。

3月の大阪・東京の服装に迷ったら、とりあえず下の気温一覧を参考にどうぞ!

気温別服装一覧
25℃以上 半袖。帽子や日傘・日焼けどめ
24℃・23℃ 半袖や七分そで。薄い長袖シャツ。電車の中で羽織る上着など。
22℃・21℃ 七分そでから長袖。半袖には少し寒いかも。
20℃・19℃ 長袖や薄手のカーディガン。雨の日はあたたかくして。
18・17℃ 長袖・カーディガン・重ね着。
16℃・15℃ 軽めのアウターの重ね着。カーディガン。春コート。
14・13℃・12℃ 冬物・春ものコート+冬服・重ね着。ニット・ストールなどの小物も。

服装の基準は、朝晩の最低気温と、昼間の最高気温。

通勤通学で朝晩に出歩く場合には春コートに重ね着・ニットなどを用意しておきましょう。

特に3月前半はまだまだ寒い日が続きます。春服オンリーにするのは不安なのでニットやストールで暖かくして、場合によってはまだ冬服を着るくらいの気持ちでいると良いかも。

3月は春物コート・ニットの重ね着活躍する日が多そうですね。

東京・大阪の3月の服装について、より詳しく見ていきましょう。

>>東京へ進む >>大阪へ進む

 

3月の東京の服装

3月の東京は、時々暖かい日もありますがまだまだ油断は禁物。

まだ重ね着・ニット・春物コートが大活躍。ただし春が近いことから、明るい色の服装もちらほら見えてきます。

最低気温はまだ肌寒く、昼間でもまだ春コートを手放せません。

2018年の気温を参考に、より詳しく3月の東京の気温や服装を見ていきましょう。

3月前半の東京の気温&服装

3月前半の東京は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 2℃ 11℃
最高気温 7℃ 22℃

まだまだ最低気温は1ケタの肌寒い日が続きます。ほとんどの日は防寒具が欠かせません。

冬服と春服をいったりきたりで、時々、コートなしで過ごせるよう春の陽気を感じられますが翌日にはがくんと寒くなったり。ニットやセーターがあると安心です。

具体的には、3月前半の東京は下のような服装がおすすめです。

  • 春コート・長袖・ニットやカーディガン
  • 最低気温が低い日は冬コートでもちょうどいい
  • 寒い日はマフラーや手袋も念のため。薄手の服だとちょっと寒いかも

3月前半の東京は、寒さを感じない程度にゆったりとした服装が良いでしょう。春用のコートを羽織り、その日の気温によってインナーを調整するのがおすすめです。

 

3月後半の東京の気温&服装

2018年の3月後半の気温は下の通り。

一番低い日 一番高い日
最低気温 3℃ 15℃
最高気温 3℃ 24℃

3月下旬に入ってもまだまだ朝晩は冷え込みます。ただし暖かい日も徐々に増えてきて春らしさを感じられてくるでしょう。

通勤通学をする方は、朝晩に春コートを着込み、昼間には脱ぐといった臨機応変さが大事かも。最高気温を見つつ、インナーを薄手にしたり、小物で寒さを補ったり

具体的には3月後半の東京は下のような服装がお勧めです。

  • 春コート・インナーは徐々に薄手に
  • ストールなどで寒さ調整
  • スカートにはタイツがおすすめ
  • 明るい色で春らしさを取り入れるとGOOD

基本的には前半と同じく春コート+長袖の組み合わせで、インナーを調整したり小物・色などで春らしさを身に纏う服装がおすすめ。

まだスカートにはストッキングよりもタイツが多数派ですね。

ちなみに2018年は3月下旬に雪が降るなど、まだまだ寒い日が続きました。寒がりな場合には服装の他に小物を身につけて寒さにそなえるといいかも。

 

3月の大阪の服装

3月の大阪は、東京よりは暖かい日が多いですが、それでもまだまだ朝晩は冷えます。

服装は春よりの物を中心に、コートを薄手のものに変えたりインナーをニットなど暖かい物にしたりしてその日の最高気温・最低気温に対応しましょう。

昼間には暖かくなることもあるので、朝晩は春コートで暖かくして、昼はコートを脱いで出歩くとちょうど良さそうです。

それでは、2018年の記録を参考に、大阪の気温と服装を見ていきましょう。

前半の大阪の気温&服装

3月前半の大阪は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 1℃ 13℃
最高気温 9℃ 21℃

3月の前半は特に、日や時間によって気温差が大きいのが特徴です。

最高気温に合わせて服装を考えると、朝晩は寒くて辛いなんて事になりがちなので、まだ防寒を心がけた服装がおすすめです。

寒がりの場合には手袋の準備を、暑がりの場合にはコートの中を薄手にして見てはいかがでしょうか。

具体的には、3月上旬の大阪は、下のような服装がお勧めです。

  • 長袖・七分そで+春コート
  • 厚手のカーディガンやタイツ
  • マフラーやスヌードはなくてもOK

まだ完全春服にするには早めなものの、徐々に素材の軽い服装を選んでいくのがよいでしょう。

 

後半の大阪の気温&服装

3月後半の大阪は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 3℃ 12℃
最高気温 10℃ 23℃

3月中旬に入ると比較的気温の高い日も増えてくるものの、大阪でもまだぽつぽつと寒い日があります。

春コートを脱いでも大丈夫になるのは3月下旬になってからでしょう。

基本的には春コートや厚手のカーディガンの準備がおすすめです。

具体的には下のような服装がいいでしょう。

  • 厚手のカーディガンor春コート
  • 暖かい日はインナーを薄手に
  • 黒タイツ~明るい色のタイツ
  • 手袋・マフラーは徐々にいらなくなってくる

朝は冷えるので、春コートを仕舞いこんでしまうのは少し気が早いかも。

服装に迷ったら薄手のインナー+春コートがちょうどいいですね。

暖かい陽気も増えてくるので、薄手のコートなどの服装を持っておくと、便利です。春らしい明るい色の小物もおすすめです。

 

おわりに

東京と大阪の3月の気温と服装についてみてきました。

3月はちょうど年度の変わり目で引っ越し・転勤・卒業など忙しい人も多い時期ですね。

春の陽気が感じられつつもまだ肌寒い朝晩が続きます。最高気温ではなく最低気温もチェックして、風邪を引かないようにして下さいね。

3月は基本的に春コートを着て、小物やインナーなどで寒さに備えるのがちょうどよいでしょう。「昨日はあんなに暖かったのに今日は肌寒い……」と寒暖差も大きいのでお体をお大事に!

以上、3月の服装についてでした。参考になったなら幸いです!



よく一緒に読まれている記事


最近よく読まれているページ