10月の服装について気温と地方別まとめ【東京・大阪】

暮らし

10月は夏の暑さも徐々に落ち着き、少しずつ過ごしやすくなってくる時期。

徐々に秋めいてくるものの、上旬にはまだ暑い日も多く、夏が戻ってくる日もあります。下旬になれば暑さの和らいだ日が多いですね。街歩く人々の服装も徐々に長袖へと移り変わっていきます。

今回は10月の服装について、気温を参考に見ながら、東京と大阪の地方別の服装をまとめました。

 

10月の服装について

10月の東京と大阪は、徐々に暑さが引いて、涼しい過ごしやすい日が増えてきます。

寝苦しさを感じる夜やうだるような暑さはなくなり、半袖から長袖へと移り変わる時期です。10月末には軽いアウターやトレンチコートなどの出番もくるでしょう。

上旬~下旬にかけては七分袖や長袖・カーディガンを羽織るなどで気温差に対応するのがおすすめです。10月の大阪・東京の服装に迷ったら、とりあえず下の気温一覧を参考にどうぞ!

気温別服装一覧
25℃以上 半袖。帽子や日傘・日焼けどめ
24℃・23℃ 半袖や七分そで。薄い長袖シャツ。電車の中で羽織る上着など。
22℃・21℃ 七分そでから長袖。半袖には少し寒いかも。
20℃・19℃ 長袖や薄手のカーディガン。雨の日はあたたかくして。
18・17℃ 長袖・カーディガン・重ね着。
16℃・15℃ 軽めのアウターの重ね着。カーディガン。春コート。
14・13℃・12℃ 冬物・春ものコート+冬服・重ね着。ニット・ストールなどの小物も。

服装の基準は、朝晩の最低気温と、昼間の最高気温。

出歩く時間帯によって服装を決めるようにしましょう。昼間だけ外出する場合にはまだ半袖で過ごせる陽気の日も多いです。反対に朝晩には七分袖や長袖が活躍するでしょう。

10月は長袖七分袖のほか、薄手のカーディガン、軽めのアウター活躍する日が多そうですね。

東京・大阪の10月の服装について、より詳しく見ていきましょう。

>>東京へ進む >>大阪へ進む

 

10月の東京の服装

10月の東京は、上旬にはまだ夏を思わせる暑さも残りますが、涼しさを感じられる日も増えてきます。

昼間には半袖で過ごせるほど暑くても、朝晩はもう一枚、羽織るものが欲しくなる気温になります。長袖のほか、脱ぎ着しやすいカーディガンなどで日々の気温差に対応しましょう。

2018年の気温を参考に、より詳しく10月の東京の気温や服装を見ていきましょう。

10月前半の東京の気温&服装

10月前半の東京は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 13℃ 25℃
最高気温 15℃ 32℃

日によっては30℃を越す日もありますが、殆どの日は汗ばむ陽気~涼しさを覚えるようになります。

半袖に薄いカーディガンを羽織ったり、七分袖や長袖などを活用していきましょう。10月上旬はまだコート・ジャケットは早いかも。

具体的には、10月前半の東京は下のような服装を軸に考えましょう。

  • 七分そでカットソー・長袖・薄手のカーディガン
  • まだ薄い素材の服装がおススメ
  • 昼間は暑く、朝晩は涼しい

服装自体はまだ薄い素材のものを中心に、夏服に一枚羽織るくらいの気持ちで。七分袖のカットソーやシャツ・ブラウスなどを中に着て暑くなっても大丈夫なようにすると良いでしょう。

 

10月後半の東京の気温&服装

2018年の10月後半の気温は下の通り。

一番低い日 一番高い日
最低気温 11℃ 15℃
最高気温 19℃ 24℃

10月下旬にはもう秋の気配が感じられ、朝晩は涼しいというより肌寒さを感じる日も出てきます。

通勤通学をする方は、朝晩の最低気温を見て薄手のニットやコートなどの準備をしておきましょう。インナーも半袖から長袖へ変えつつ、ストールなどの小物で気温差に対応します。

具体的には10月後半の東京は下のような服装がお勧めです。

  • 軽めのアウター・ジャケット・薄手のコート
  • 朝晩は薄手のニットやトレンチコートもOK
  • ストールや落ち着いた色合いの服装
  • 昼間はカーディガンを脱いでブラウス・シャツでも

朝晩には薄手のニットやトレンチコートの出番もあります。しかし昼間だけ出歩く場合にはまだ、ブラウスやシャツに薄手のものを羽織るくらいでちょうどいいです。

10月下旬の服装は、外出する時間帯によって薄手のコート・ニット・カーディガンなどを羽織るものを変えるくらいがちょうどいいです。

 

10月の大阪の服装

10月の大阪は、東京と同様に暑さが落ち着き、涼しい日々が続きます。

服装はシャツやブラウスに薄手のカーディガンを羽織りつつ、下旬になるにつれてしっかりした素材のカーディガン、薄手のコートを準備すると良いでしょう。

基本的には七分袖のカットソーや半袖に何か羽織るくらいの服装がちょうどよいです。

それでは、2018年の記録を参考に、大阪の気温と服装を見ていきます。

前半の大阪の気温&服装

10月前半の大阪は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 13℃ 23℃
最高気温 20℃ 31℃

10月前半は、数日のみ30℃を超える日もありましたが、基本的には15~25℃前後の過ごしやすい日が続きます。

昼間にはうだるような暑さはおさまり、汗ばむ陽気からやや涼しさを感じる日が続きます。

服装はこれまでの半袖・シャツ・ブラウスに薄手のものを羽織るか、七分袖・長袖カットソーを着るとちょうどよいでしょう。

具体的には、10月上旬の大阪は、下のような服装がお勧めです。

  • 長袖・七分そでカットソー・薄手のカーディガン
  • シャツ・ブラウスに薄手のものを羽織る
  • 昼間には暑い日もあるので脱ぎ着できるとGOOD

10月上旬はまだ昼になると暑さを感じる日も少なくありません。ブラウスやワイシャツなどは薄い生地のものを選び、羽織るもので温度調節をするのがおすすめです。

 

 

後半の大阪の気温&服装

10月後半の大阪は、2018年には下のような気温でした。

一番低い日 一番高い日
最低気温 11℃ 17℃
最高気温 18℃ 25℃

10月下旬になると最低気温が11℃と、夏服だけでは肌寒く感じる日も出てきます。

また最高気温も25℃と昼間は過ごしやすい陽気の日も多いでしょう。ノースリーブや半袖だけではなく、七分袖のカットソーから、薄手のアウターの準備が必要になります。

特に下旬には寒さを感じるため、街中ではトレンチコートもちらほら見かけるようになるでしょう。

具体的には下のような服装がいいでしょう。

  • カーディガン、ベスト、七分袖・薄手のアウター
  • 朝晩やや肌寒く、昼間は七分袖~長袖
  • 薄手のアウターを羽織り、インナーで調整
  • 薄手のニットもOK

中旬までは長袖・七分袖でちょうどよいくらいの気温が続きます。

下旬の服装は、薄手のアウターをひとつ用意しておき、その日の気温によってインナーを薄手のニットに変えたり、七分袖カットソーに変えたりして調整するのがおすすめです。

10月末の足元が冷える日にはブーツを履くのも、季節の先取りでOKです。徐々に夏服はしまい、秋服を取り入れるようにしましょう。

 

おわりに

東京と大阪の10月の気温と服装についてみてきました。

10月はようやく朝や夕方には過ごしやすい気温になって行きます。秋と言うにはまだはやいけれど、真夏の暑さは去りつつある、微妙な時期ですね。

上旬と下旬とで体感温度が変わってくるため、夏服と秋服のバランスを考えながらその日の服装を考えると良いかもしれません。薄手のアウターやニット、カーディガンが便利な季節ですね。

ブーツやストールなど、小物を中心に秋らしさを取り入れていきましょう。

以上、10月の服装についてでした。参考になったなら幸いです!



よく一緒に読まれている記事


最近よく読まれているページ