1231

にっこり笑った時に白い歯が見えるのは綺麗ですよね。

しかし、人によっては「笑った時に歯茎が見える」ことを気にしてしまい、うまく笑えないという方もいるでしょう。

今回は。この「笑った時に歯茎が見える=ガミースマイル」の原因と治す方法(手術・歯列矯正 and 自力の方法)について、見ていきます!

 

ガミースマイルとは?

にっと笑った時に歯茎が見えてしまう現象を「ガミースマイル」といいます。

1232

病気でもなく、健康に問題はないのですが、指摘されたり気にしてしまったりして、笑顔を避けるように、暗い印象になってしまいまうことも。

 

歯茎が見える原因と治し方

笑った時には誰でも多かれ少なかれ歯茎は見えるもの。

それでも、「ガミースマイル」と呼ばれるほど歯茎が見えるのは下のような原因が考えられます。

  1. 歯の上に歯茎がかぶさっている
  2. 上顎の骨が発達している
  3. 上唇が短い
  4. 上唇を持ち上げる力が強い

それでは、それぞれの詳しい内容と、治す方法の例を見てみましょう。

1、歯の上に歯茎が。

歯茎の粘膜が歯の上にかぶさっている場合、笑った時に歯茎が強調されてしまいます。

このような人は歯よりも歯茎の部分が長く、歯が短く見えます。

この場合には、伸びすぎた歯茎を切り、歯茎を短くする整形手術が有効ですね。(局所麻酔)

1212

2、上顎の骨が発達している

上顎の骨が他の人よりも発達している場合にもガミースマイルになります。これが一番多い原因ですね。

この場合には歯茎と歯が全体的に前に突出しているのが特徴。骨格の問題と言い換える事もできます。

1233

治し方は、1)歯列矯正、2)ワイヤーなどで圧下、3)整形手術といった方法があります。

遺伝の要素も大きいので、早いうちから矯正などを行っておくと、笑っても歯茎が見えにくくなるという話もあります。(ただし子供のときには、上顎と下顎の発達に差が出た場合に、一時的にガミースマイルの状態になる事もあるそうです。)

 

3、上唇が短い

上唇が縦に短い場合には、笑うと歯茎が見えやすくなります。(ただ、このタイプは少ないとのこと)

上唇はストレッチを行う事で2mmほど伸ばせるので、そうすれば笑っても歯茎が見えにくくできます。

そのほか、唇を伸ばす整形手術と言った方法もあります。

 

4、上唇を持ち上げる力が強い

上唇を持ちあげる筋肉が発達している場合にも、ガミースマイルになります。

笑った時の上唇をあげすぎてしまう、というとわかりやすいでしょう。普通の人でも、意識して力を込めて笑うと、唇があがり、歯茎が見えることがあります。

1234

この場合の治す方法としては、笑う時に唇や筋肉の動きを減らすような注射をする、意識をして唇をあげすぎない、などがあります。

ただ、整形外科などで笑う時の筋肉・唇の動きを抑える注射をした場合、表情が少なくなって、印象が暗くなる事もあるので注意です。

 

手術・治療なし。自力で治せる?

上の通り、笑うと歯茎が見えてしまうのには、いろいろな原因と、それぞれの治し方があります。

基本的には、矯正歯科や整形外科の担当ですね。

でも、手術や治療をするとどうしても費用がかさみます。(歯列矯正:80万~、整形外科:35万~、注射:5万~)

そこまでお金をかけられない!と言う場合には、個人のトレーニングによる治療法もあります。

表情筋を鍛えて、口角のあげる角度を調節し、歯茎を見えにくくするという方法です。

また、少しのガミースマイルなら、普段から意識して唇をあげすぎないようにするだけで、ずいぶん、印象も変わるでしょう。

特に女性なら、大口を開けないように笑うのは良い印象をもたれやすいですよ!

 

おわりに

ガミースマイル自体は病気でもなんでもなく、実は日本人に多いとさえいわれています。意識して見てみると、TVに出ている芸能人でも多いですね。

でも、「笑った時に歯茎が見える」と指摘されてしまうと、なんとなく落ち込んで、笑いにくくなってしまいまうもの。

気にし過ぎる事はないと思いますが、もしもガミースマイルで悩んでいるのなら、1)歯茎が出ないように笑い方を意識するか、2)お金をためて、医師に歯列矯正・整形などの相談をするのをおすすめしますよ!


スポンサーリンク


プチアンケート(試運転中)
「求肥(ぎゅうひ)」って知ってる?

関連記事:

求肥と餅の違いは?由来や作り方や求肥を使ったお菓子について

>>過去のプチアンケート結果



よく一緒に読まれる記事